スポンサーリンク

LIONカップ 第23回ジャパントップ12卓球大会(日程、放送予定、結果)

ジャパントップ01 卓球

2019年3月2日、3日に宮城県にあるカメイアリーナ仙台(仙台市体育館)で「LIONカップ 第23回ジャパントップ12卓球大会」(以後、ジャパントップ12)が開催されています。この大会は世界卓球選手権の日本代表選考会を兼ねています。世界卓球選手権の日本代表は男女それぞれ5名ずつですが、男女それぞれ4名ずつは既に内定しており、残すは1枠。結果、3月2日(土)に行われたトーナメント戦で吉田雅己選手と加藤美優選手が優勝し、世界卓球選手権の日本代表に内定しました。
 
ジャパントップ
 
ジャパントップ12が、ゴールデンタイムに放送されるほど注目が集まっているのは、出場する男女各5人が世界選手権の代表内定選手で「ここから来年の東京五輪の日本代表、男女各3人が選ばれる可能性が高い」から。東京五輪の代表は男女各3人で、その内男女各2人は、来年1月時点の世界ランキング上位者となります。「世界選手権はランキングに影響するポイント比率が高い」ため、世界選手権の代表から五輪代表が選ばれる可能性が高い。つまりジャパントップ12は、東京五輪を見据えた、世界選手権の代表選手たちによる前哨戦といえます。

スポンサーリンク

1.大会概要

第23回ジャパントップ12卓球大会の大会概要はこちらです。

大会名 LIONカップ 第23回ジャパントップ12卓球大会
場所 宮城県のカメイアリーナ仙台
開催期間 2019年3月2日~3月3日
賞金総額 1,470万円
賞金内訳 優勝300万円、準優勝150万円、3位100万円、
4位50万円、5位30万円、その他15万円×7名
昨年優勝者 男子:水谷隼
女子:早田ひな

 

スポンサーリンク

2.テレビ放送予定

ジャパントップ12のテレビ放送予定はこちらです。

テレビ局 放送時間 補足
テレビ東京・地上波  3月2日(土) 16:00~17:15  女子決勝ほか
フジテレビ・地上波 3月3日(日) 19:00~21:54 男女決勝ほか
フジテレビ・BS 3月3日(日) 12:00~16:00 男女準決勝ほか
フジテレビ・CS 3月3日(日) 10:00~18:00 男女準々決勝~3位決定戦 

 

スポンサーリンク

3.【1日目】タイムスケジュール

3月2日、ジャパントップ12の1日目のタイムスケジュールはこちらです。

日時 試合 番号
10:30~ 男子・準々決勝 101:○吉田vs大島(4-3)
102:○松平vs有延(4-1)
103:○戸上vs宇田(4-1)
104:○森薗vs平野(4-3)
11:30~ 女子・準々決勝 201:○長﨑vs芝田(4-3)
202:○森vs笹尾(4-1)
203:○加藤vs安藤(4-1)
204:○早田vs木原(4-2)
12:30~ 男子・準決勝 105:○吉田vs松平(4-1)
106:○森薗vs戸上(4-3)
13:30~ 女子・準決勝 205:○森vs長﨑(4-2)
206:○加藤vs早田(4-3)
14:45~ 男子・決勝 107:○森薗vs吉田(4-1)
16:00~ 女子・決勝 207:○加藤vs森(4-1)

 

スポンサーリンク

4.【1日目】男子トーナメント戦の試合結果

3月2日、8名による男子トーナメント戦を行いました。このトーナメントで優勝した森薗政崇選手は、世界卓球選手権のの日本代表に内定しました。さらに3月3日に行われる2日目のトーナメント戦に進出します。
ジャパントップ

出場選手 準々決勝
勝者
準決勝
勝者
優勝者
大島祐哉  101:吉田(4-3) 105:吉田(4-1) 107:森薗(4-1)
吉田雅己
有延大夢 102:松平(4-1)
松平賢二
宇田幸矢 103:戸上(4-1) 106:森薗(4-3)
戸上隼輔
森薗政崇 104:森薗(4-3)
平野友樹

※ 公式サイトの結果はこちら
 

スポンサーリンク

5.【1日目】女子トーナメント戦の試合結果

3月2日、8名による女子トーナメント戦を行いました。このトーナメントで優勝した加藤美優選手は、世界卓球選手権のの日本代表に内定しました。さらに3月3日に行われる2日目のトーナメント戦に進出します。
ジャパントップ

出場選手 準々決勝
勝者
準決勝
勝者
優勝者
芝田沙季 201:長﨑(4-3) 205:森(4-2) 207:加藤(4-1)
長﨑美柚
笹尾明日香 202:森(4-1)
森さくら
加藤美優 203:加藤(4-1) 206:加藤(4-3)
安藤みなみ
木原美悠 204:早田(4-2)
早田ひな

※ 公式サイトの結果はこちら
 

スポンサーリンク

6.【1日目】優勝者のコメント

1日目のトーナメント戦が終わり、男女それぞれ優勝した吉田雅己選手と加藤美優選手が世界卓球選手権の日本代表に内定しました。
 
「森薗政崇」試合後会見コメント
ダブルスではある程度の結果を残してきたが、シングルスは自信がなかったのでびっくりしている。Tリーグのレギュラーシーズン終了後から選考会までの1週間で新しい技術を練習してきて、今日の試合で試してみたら感触がよかった。卓球選手としてオリンピックを目指すのは義務だと思っていて、今回の選考会への思い入れは強かった。
 
「加藤美優」試合後会見コメント
早田さんは本当に強くて、追い詰められてもうダメだと思ってからは力が抜けて練習通りのプレーができた。これまでオリンピックを目指してきて、もう諦めようかと思ったが、まだあきらめない、チャンスがあると思った。
 
スポンサーリンク

5.【2日目】タイムスケジュール

ジャパントップ12の2日目のタイムスケジュールはこちらです。

日時 試合 番号 対戦相手 試合結果
10:00~ 女子・準々決勝 211 加藤美優 vs 佐藤瞳 加藤が4-2で勝利!
11:00~ 男子・準々決勝 111 森薗政崇 vs 吉村和弘 吉村が4-1で勝利!
12:00~ 女子・準決勝① 212 伊藤美誠 vs 平野美宇 伊藤が4-3で勝利!
13:00~ 女子・準決勝② 213 石川佳純 vs 加藤美優 石川が4-2で勝利!
14:00~ 男子・準決勝① 112 丹羽孝希 vs 水谷隼 水谷が4-2で勝利!
15:00~ 男子・準決勝② 113 張本智和 vs 吉村和弘 張本が4-1で勝利!
16:15~ 女子・3位決定戦 214 平野美宇 vs 加藤美優 平野が3-2で勝利!
17:00~ 男子・3位決定戦 114 丹羽孝希 vs 吉村和弘 丹羽が3-2で勝利!
18:00~ 女子・決勝 215 石川佳純 vs 伊藤美誠 石川が4-2で勝ち、優勝!
19:00~ 男子・決勝 115 張本智和 vs 水谷隼 張本が4-0で勝ち、優勝!

 

スポンサーリンク

7.【2日目】男子トーナメント戦の試合結果

3月2日のトーナメント戦の優勝者と既に内定を決めていた選手たち、5名のトーナメント戦が行われました。優勝したのは、張本智和選手。終わってみれば4-0のストレートで完勝でした。

出場選手 準々決勝
勝者
準決勝
勝者
優勝者
張本智和(4位)
張本智和
113:張本(4-1) 115:張本(4-0)
森薗政崇(45位)
森薗政崇
111:吉村(4-1)
吉村和弘(59位)
吉村和弘
水谷隼(10位)
水谷隼
112:水谷(4-2)
丹羽孝希(9位)
丹羽孝希

※3位決定戦(114:丹羽(3-2))あり
※カッコ内は世界ランキング(3月2日時点)
※ 公式サイトの結果はこちら

スポンサーリンク

8.【2日目】女子トーナメント戦の試合結果

3月2日のトーナメント戦の優勝者と既に内定を決めていた選手たち、5名のトーナメント戦が行われました。優勝したのは、石川佳純選手。世界ランキング4位の貫録を見せました。

出場選手 準々決勝
勝者
準決勝
勝者
優勝者
石川佳純(4位)
石川佳純
213:石川(4-2) 215:石川(4-2)
加藤美優(20位)
加藤美優
211:加藤(4-2)
佐藤瞳(12位)
佐藤瞳
平野美宇(9位)
平野美宇
212:伊藤(4-3)
伊藤美誠(7位)
伊藤美誠

※3位決定戦(214:平野(3-2))あり
※カッコ内は世界ランキング(3月2日時点)
※ 公式サイトの結果はこちら
 

スポンサーリンク

9.注目の『みうみま対決』は伊藤美誠が勝利!決勝進出!

第1ゲームから高速ラリーの展開に。両者譲らぬ展開はデュースにもつれこみますが、伊藤選手が大事な第1ゲームを先取しました。続く第2ゲーム、第3ゲームと伊藤選手は、ゲームカウント3-0とリードし、決勝進出に王手をかけます。
 
ジャパントップ
 
第4ゲーム、平野選手も意地を見せ、サービスを上手く散らすことでラリーの主導権を引き戻し、1ゲームを奪い返しました。ここから平野選手が開き直ったような勢いのある攻めを見せ、続く第5ゲーム、第6ゲームと奪い返し、試合は最終第7ゲームへ。
 
迎えた最終ゲーム、いきなり伊藤が投げ上げサービスを中心に展開します。これまで見せていなかった投げ上げサービスに対して、平野選手は対応できず、5-1リードでチェンジエンド。伊藤選手は最後まで投げ上げサービスを徹底し、11-8で勝利を決めました。
 
試合のスコア
〇伊藤美誠 4-3 平野美宇
12-10/11-5/11-4/6-11/9-11/7-11/11-8
 
スポンサーリンク

10.平野美宇がフルゲームの熱戦を制し3位入賞!

ジャパントップ12の3位決定戦は、平野美宇選手と加藤美優選手の対決となりました。お互い逆横回転系(右利き選手がボールを上から見た時に反時計回り)のサービスを中心に試合を組み立てます。加藤選手はしゃがみ込みサービス(サーブを打つ際に、しゃがみこみながら回転をかける)、平野選手は巻き込みサービス(手首を内側に巻き込むようにして逆横回転をかける)です。そこからはバックハンドでの互角のラリー展開になり、一進一退のまま勝負は最終ゲームへ。最後は平野選手が11-8で押し切り、3位入賞を決めました。
 
ジャパントップ
 
試合のスコア
加藤美優 2-3 〇平野美宇
14-16/11-4/8-11/11-8/8-11

スポンサーリンク

11.石川佳純、加藤の勢いを止め勝利!決勝進出!

前日から4連勝中の加藤選手が、今大会初戦の石川選手を攻め立て、11-4で第1ゲームを先取します。徐々に加藤選手の攻めに対応した石川選手も第2、第3ゲームを連取します。
 
第4ゲームも10-9リードで石川がタイムアウト(1試合に1度だけ1分以内で取れる休憩・作戦タイム)。石川選手はここで勝負を決めにいきましたが、タイムアウト後のポイントは加藤選手が奪い、そのまま13-11でこのゲームを奪います。勢いに乗る加藤選手ですが、石川選手は要所を締め、第5,6ゲームをしっかりと取り、決勝進出を決めました。
 
ジャパントップ
 
試合のスコア
〇石川佳純 4-2 加藤美優
4-11/11-5/11-6/11-13/11-8/11-5

卓球
スポンサーリンク
自由に気ままに