スポンサーリンク

【バドミントン】全英オープン2019、女子ダブルスの松本・永原ペアは準優勝!

バドミントン22 バドミントン

2019年3月6日から3月10日までバドミントンワールドツアー・第109回全英オープンがバーミンガム(イギリス)で開催されました。女子ダブルスに出場している第3シードの松本・永原ペアは決勝戦で第5シードの中国ペアと対戦し、1-2の接戦で敗れました。日本勢で2016年の高橋・松友ペア以来となる同種目の優勝はなりませんでした。
 
バドミントン
 

スポンサーリンク

1.大会の概要

100年以上の歴史を持つ、第109回全英オープンの大会の概要はこちらです。

大会名 第109回全英オープン
場所 イギリス(バーミンガム)
開催期間 2019年3月6日~3月10日
ランク グレード2(Super1000)
種目 男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス
混合ダブルス
ドロー数 各32
日本との時差 9時間(現地が12時の時、日本は21時)

 

スポンサーリンク

2.試合日程・テレビ放送予定

試合日程・テレビ放送予定はこちらです。記載している時間は日本時間です。

【試合日程】
日程 試合
3月6日(水) 17:00~ 1回戦
3月7日(木) 19:00~ 2回戦
3月8日(金) 18:00~ 準々決勝
3月9日(土) 18:00~ 準決勝
3月10日(日) 19:30~ 決勝
【テレビ放送予定】
テレビ局 放送時間 説明
CSテレビ朝日 3月6日(水) 23:00~ 録画
3月7日(木) 25:00~ 録画
3月8日(金) 26:00~ 録画
3月9日(土) 26:00~ 録画
3月10日(日) 21:00~ 生中継
J SPORTS 3月11日(月)~3月23日(土) 録画

 

スポンサーリンク

3.女子ダブルスの試合結果

松本・永原ペアの試合結果はこちらです。(公式ドロー表はこちら

 【3月10日(日)】決勝 ⇒松本・永原ペア準優勝

第3シードの松本・永原ペアが第5シードの中国ペアと対戦し、1-2で敗れました。

  出場選手 スコア 対戦相手
決勝 松本麻佑 [3]
永原和可那
1 21-18
20-22
11-21
2 CHEN Qingchen [5]
CHNJIA Yifan

バドミントン
 

 【3月9日(土)】準決勝

女子ダブルスの準決勝は日本人対決です。第1シードの福島・廣田ペアは中国ペアと対戦。

  出場選手 スコア 対戦相手
準決勝 福島由紀 [1]
廣田彩花
0 18-21
21-23
2 CHEN Qingchen [5]
CHNJIA Yifan
松本麻佑 [3]
永原和可那
2 21-11
21-12
0 田中志穂 [7]
米元小春

 

 【3月8日(金)】準々決勝

  出場選手 スコア 対戦相手
準々決勝 福島由紀 [1]
廣田彩花
2 17-21
21-15
21-19
1 Gabriela STOEVA [8]
BULStefani STOEVA
松本麻佑 [3]
永原和可那
2 21-17
17-21
21-18
1 LI Wenmei
CHNZHENG Yu

 

 【3月7日(木)】2回戦

  出場選手 スコア 対戦相手
2回戦 福島由紀 [1]
廣田彩花
2 21-16
19-21
21-13
1 Emilie LEFEL
FRAAnne TRAN
松本麻佑 [3]
永原和可那
2 24-22
21-14
0 KIM So Yeong
KORKONG Hee Yong

 

 【3月6日(水)】1回戦

第7シードの田中・米元ペアが接戦を制して2回戦進出しました。第2シードの高橋・松友ペアが敗れる波乱がありました。

  出場選手 スコア 対戦相手
1回戦 福島由紀 [1]
廣田彩花
2 21-17
21-12
0 NG Tsz Yau
YUEN Sin Ying
松本麻佑 [3]
永原和可那
2 21-18
21-16
0 櫻本絢子
高畑祐紀子

 

スポンサーリンク

4.松本・永原ペアの準決勝勝利後のコメント

女子ダブルスに出場している松本・永原ペアが準決勝で米元・田中ペアとの日本人対決を制し、決勝戦に進出しました。
 
【松本麻佑選手のコメント】
今日は(自分たちの)いいところが見えたし、落ち着いて試合を楽しむことができました。(決勝は)この大きい舞台を楽しんで、全力を尽くせるようにしたい。決勝の舞台に立つのはそうないと思いますし、経験値を上げる意味でも。(昨年から)1年間かけて、自分たちをみつめて練習に取り組んでいけたのかなと思います。
 
【永原和可那選手のコメント】
初戦から日本人ペアが相手であったり、今回は山が厳しいところがあったけど、勝ち上がれているのは自信になっています。自分たちのいいところを出せたし、個の力が二人の力になって、いまはすごくいいパフォーマンスができていると思います。
 
スポンサーリンク

5.福島・廣田ペアの準決勝敗戦後のコメント

第1シードで出場している福島・廣田ペアは準決勝で中国ペアに敗れ、決勝進出とはなりませんでした。
バドミントン
 
【廣田彩花選手のコメント】
結果的に負けてしまったけど、昨日までは自分が気持ち的に引いてしまったりして、福島先輩にすごく助けられた部分がありました。今日は思いきって自分たちらしいプレーをしようと思って入った。いいプレーも所々で出せたと思うけど、負けたのはとても悔しいです。
 
【福島由紀選手のコメント】
(相手は)左、右で攻撃的なスタイルはすごく強い。中国らしいネットプレーも(終盤にかけてプレーがよくなったのは)ちょっと開き直った部分もあったかなと思う。朴さん(柱奉監督)や丁さん(中島慶コーチ)のアドバイスでも『自分たちからスピードを上げて』と、2ゲーム目の後半は後ろからいわれていた。その助言通り、しっかりと足を動かしてやっていこうと思っていました。

バドミントン
スポンサーリンク
自由に気ままに