スポンサーリンク

【羽生結弦】世界選手権2019(日程・放送予定・結果)

世界選手権16 羽生結弦

2019年3月20日から3月24日まで、世界フィギュアスケート選手権がさいたまスーパーアリーナで開催されます。今年は日本開催なので、世界各地から来る選手たちのハイレベルな滑りを身近で感じることができます。男子シングルでは宇野昌磨選手・田中刑事選手・羽生結弦選手が出場。アメリカのネイサン・チェン選手など、強豪選手と戦いも楽しみながら、羽生選手を応援していきます。
 
3月23日の男子フリーでは、ショート3位の羽生結弦選手が逆転優勝を狙います。首位のネイサン・チェン選手とは12.53点差。羽生選手は最終グループ22番滑走で、午後9時2分からの滑走。羽生選手はフリーで素晴らしい演技を見せ、200点超えの点数(206.10点)をたたき出しました。しかし、ネイサン・チェン選手もノーミスの極限を超えた演技で羽生選手の点数(216.02点)を超えました。結果は、ネイサン・チェン選手が金メダル、羽生選手が銀メダルとなりました。
 
世界選手権
 
羽生選手の試合後のコメントはこちらです。来シーズンの演技が今から楽しみです。
 
演技を振り返って
正直、悔しい。SP、フリーともに負けた。もっと強くならないといけない。
 
4回転ループを成功させた
すごい不安を抱えていた。負けは負け。負けは死も同然。
 
完全燃焼できたか
燃焼はした。フィギュアは2日間を通していかにいい演技ができるか。実力不足を痛感している。次のシーズンに向け時間がある。
 
世界選手権
 

スポンサーリンク

1.大会日程・放送予定

世界選手権の大会日程はこちらです。

日時 種目 出場選手 フジテレビ・放送予定
3月21日(木) 15:55~ 男子SP 宇野、田中、羽生 テレビ放送 18:30~21:00
LIVE配信 16:00~
3月23日(土) 17:30~ 男子FS 宇野、田中、羽生 テレビ放送 18:30~21:30
LIVE配信 17:30~

 

スポンサーリンク

2.出場選手・総合結果

世界フィギュアスケート選手権に出場する日本人選手および優勝候補の選手はこちらです。

【世界選手権の出場選手(男子)】
選手 自己ベスト 今回点数 順位
ショート フリー 合計 ショート フリー 合計
ネイサン・チェン アメリカ 104.12 219.46 321.40 107.40 216.02 323.42 金メダル
羽生結弦 日本  112.72  223.20  330.43  94.87  206.10  300.97 銀メダル
ヴィンセント・ジョウ アメリカ 100.18 172.04 272.22 94.17 186.99 281.16 銅メダル
宇野昌磨 日本 104.87 214.97 319.84 91.40 178.92 270.32 4位
金博洋 中国 92.17 181.34 273.51 84.26 178.45 262.71 5位
ミハイル・コリヤダ ロシア 100.49 177.55 274.37 84.23 178.21 262.44 6位
マッテオ・リッツォ イタリア 85.51 165.67 247.08 93.37 164.29 257.66 7位
ミハル・ブレジナ チェコ 93.31 166.05 257.98 86.96 167.32 254.28 8位
ジェイソン・ブラウン アメリカ 96.41 172.32 263.42 96.81 157.34 254.15 9位
田中刑事 日本 90.68 169.63 260.31 78.76 159.64 238.40 14位

 

スポンサーリンク

3.内村航平が羽生結弦に信念を覆された瞬間!

『内村航平が羽生結弦に信念を覆された瞬間』という記事がありました。


羽生は2017年11月、五輪の3カ月前という直前に右足首じん帯損傷という重傷を負った。同時期の同年10月、左足首じん帯損傷と同様のケガを負っていた内村は、「これはすぐに治らないから『ヤバイんじゃないか』」と心配したという。だが、羽生は五輪のショートプラグラムで見事に復活を果たした。内村は「見ていて意味が分からなかった」「『普通にやってますやん』っていうのが一言目」と、驚がくしたと明かす。
世界選手権
演技後、羽生は「僕は五輪を知っている」と口にしたが、内村は「そのとおりですよ」と笑顔。「僕も3回出ていますけど、言えないですよね」「確実に勝つための何かなんて絶対ないし」と述べた。完璧な演技を目指す内村が大切にするのは、日々の練習の積み重ね。だが、その信条を覆したのが、羽生の演技だったのだ。内村は「同じ採点競技で、ミスが許されない。(本番に向けた過程を)積んでいかなきゃいけない舞台なのに、3カ月で何をしたんだろう」「謎でしかない」と振り返る。
 
だからこそ、内村はショートプラグラムの時点で「これは獲るな」と、羽生の金メダル獲得を確信していたという。「まとってらっしゃいました。何かを。『練習を積んできました』っていうオーラというより、金メダルを獲るためのオーラをまとってきましたっていう演技だった。すさまじかった」。内村は「これが本物だよなって改めて知れたし、自分もまたこういう風にならなきゃいけないって、あの姿を見て思いました」と、自身も東京五輪に向けて羽生を刺激にしたいと意気込んだ。


 
先日、羽生選手を指導するブライアン・オーサー・コーチから「世界選手権へ照準を合わせて準備している」とコメントがありましたが、このコメントを受けてファンが想像する「準備」よりも、物凄く本格的で念入りな「準備」をしているのではないかと想像させられました。羽生結弦選手、期待しています。
 
スポンサーリンク

4.羽生結弦選手のコメント(3月19日)

「胸を張って100%と言える状態」と万全を宣言。「シーズン前に理想としていた100%ではないかもしれないけれど、今の自分の、世界選手権へ向けての状態では100%だと思っている」「相手に勝つだけじゃなくて、やっぱり自分に勝った上で、自分のこのすごく煮えたぎっている『勝ちたい』という欲求に対してすごく素直に、勝ちを取りたい」とコメント。
 
この日、122日ぶりに公の場でスケート靴を履いて氷上で滑りました。4回転ジャンプを次々決めるなど好調ぶりを発揮し、会見では2年ぶりの世界一を誓いました。羽生結弦選手が出場する男子ショートは3月21日に行われます。
 
スポンサーリンク

5.ショートプログラム滑走順抽選(3月20日)

公式練習後のショートプログラム滑走順抽選で、羽生選手は大好きな1番滑走に入りました。世界ランキング順にくじを引いていきます。3番目に登場した羽生選手は自らの手で最終組トップの30番(午後8時18分~)を引き寄せ、笑みを浮かべました。平昌五輪でも最終組の1番に入り「大好きな1番滑走なので、1番滑走を楽しみながら」と話したことがありました。吉兆のトップ滑走で世界選手権でも優勝を狙います。
世界選手権
 
スポンサーリンク

6.男子シングルの結果(ショート)

世界フィギュアスケート選手権には日本代表として宇野昌磨選手・田中刑事選手・羽生結弦選手が出場。

 【男子ショート】滑走順 ⇒羽生、30番滑走

3月21日、男子ショートの滑走順はこちらです。

グループ 滑走順 選手 滑走時刻
第4G
(18~23)
22 田中刑事 日本 18時59分~
第6G
(30~35)
30 羽生結弦 日本 20時18分~
31 宇野昌磨 日本 20時25分~
32 ジェイソン・ブラウン アメリカ 20時31分~
33 ミハイル・コリヤダ ロシア 20時37分~
34 キーガン・メッシング カナダ 20時44分~
35 ネイサン・チェン アメリカ 20時50分~

※ 参加選手は全員で35名。
 

 【男子ショート】結果  ⇒羽生、SP3位

3月21日、男子ショートの演技が終わりました。日本選手と上位6位以上の結果はこちらです。

順位 選手 自己ベスト
(ショート)
今回点数
(ショート)
トップとの
点数差
1 ネイサン・チェン アメリカ 104.12 107.40  
2 ジェイソン・ブラウン アメリカ 96.41 96.81 10.59
3 羽生結弦 日本  112.72  94.87  12.53
4 ヴィンセント・ジョウ アメリカ 100.18 94.17 13.23
5 マッテオ・リッツォ イタリア 85.51 93.37 14.03
6 宇野昌磨 日本 104.87 91.40 16.00
19 田中刑事 日本 90.68 78.76 29.64

 

スポンサーリンク

7.男子ショート演技後のコメント

3月21日の男子ショートの結果は、ネイサン・チェン選手が107.40点で1位、羽生結弦選手が94.87点で3位、宇野昌磨選手は91.40点で6位でした。羽生選手も宇野選手も冒頭のジャンプでの失敗が響き、得点が伸びませんでした。
 
羽生選手は演技後に「ちょっと集中できてなかったかな。もちろん練習は積んでいると思っているんですけど、結果でないということは練習を積めていないということかな」と顔をしかめました。冒頭の4回転サルコーが2回転になる痛恨のミス。「焦ってましたね。冒頭のジャンプでミスしてしまい、焦っていた。一生懸命になりすぎた」と反省。「不完全燃焼なので、しっかりと燃焼し切れたと言える演技をしたい」と3月23日のフリーでの挽回を誓いました。
 
世界選手権
 
スポンサーリンク

8.男子シングルの結果(フリー)

男子ショートでは、アメリカのネイサン・チェン選手が1位となりました。日本選手はネイサン・チェン選手を追いかける形でフリーの演技を迎えます。

 【男子フリー】 滑走順 ⇒羽生、22番滑走(21:02~)

3月23日、男子フリーの滑走順はこちらです。

グループ 滑走順 選手 滑走時刻
第1G
(1~6)
2 田中刑事 日本 17時45分~
第4G
(19~24)
19 ヴィンセント・ジョウ アメリカ 20時38分~
20 宇野昌磨 日本 20時46分~
21 マッテオ・リッツォ イタリア 20時54分~
22 羽生結弦 日本 21時02分~
23 ネイサン・チェン アメリカ 21時10分~
24 ジェイソン・ブラウン アメリカ 21時18分~

※ 参加選手は全員で24名。
 

 【男子フリー】 結果  ⇒羽生、銀メダル!

男子フリーの結果はこちらです。

選手 自己ベスト 今回点数 順位
ショート フリー 合計 ショート フリー 合計
ネイサン・チェン アメリカ 104.12 219.46 321.40 107.40 216.02 323.42 金メダル
羽生結弦 日本  112.72  223.20  330.43  94.87  206.10  300.97 銀メダル
ヴィンセント・ジョウ アメリカ 100.18 172.04 272.22 94.17 186.99 281.16 銅メダル
宇野昌磨 日本 104.87 214.97 319.84 91.40 178.92 270.32 4位
金博洋 中国 92.17 181.34 273.51 84.26 178.45 262.71 5位
ミハイル・コリヤダ ロシア 100.49 177.55 274.37 84.23 178.21 262.44 6位
マッテオ・リッツォ イタリア 85.51 165.67 247.08 93.37 164.29 257.66 7位
ミハル・ブレジナ チェコ 93.31 166.05 257.98 86.96 167.32 254.28 8位
ジェイソン・ブラウン アメリカ 96.41 172.32 263.42 96.81 157.34 254.15 9位
田中刑事 日本 90.68 169.63 260.31 78.76 159.64 238.40 14位

 

スポンサーリンク

8.さいごに

3月21日の男子ショートの結果は、ネイサン・チェン選手が107.40点で1位、羽生結弦選手が94.87点で3位、宇野昌磨選手は91.40点で6位でした。羽生選手も宇野選手も冒頭のジャンプでの失敗が響き、得点が伸びませんでした。1位のネイサン・チェン選手とは10点以上の点差がありますが、3月23日のフリーで奇跡の逆転優勝なるか、期待しています。
 
※ 女子シングルも含めた総合結果はこちらをご覧ください。
【フィギュア】世界選手権2019(出場選手・日程・放送予定・結果)

羽生結弦
スポンサーリンク
自由に気ままに