スポンサーリンク

全日本フィギュアスケート選手権2019、紀平が優勝、宮原4位、坂本6位

フィギュア 紀平梨花

2019年12月21日(土)に行われた全日本フィギュアスケート選手権の女子フリースケーティングで、シニア2年目の紀平梨花が155・22点をマーク。ショートプログラムに続いて1位になり、合計229・20点で初優勝を飾りました。これにより紀平梨花は2年連続の世界選手権代表を決めました。


18歳の樋口新葉が138・51点の合計206・61点で3大会ぶりの表彰台となる総合2位、17歳の川畑和愛がショートプログラム7位から巻き返し、合計193・96点で総合3位に入りました。平昌オリンピック4位でショート2位の宮原知子はジャンプの回転不足があり得点が伸びず、121・32点の合計191・43点で総合4位。2連覇を狙ったショート3位の坂本花織は118・31点の合計188・26点で総合6位でした。
 
スポンサーリンク

1.全日本フィギュアスケート選手権大会

全日本フィギュアスケート選手権大会の概要はこちらです。

(1)大会概要

■ 大会名 :第88回全日本フィギュアスケート選手権大会
■ 開催期間:2019年12月18日(水)~12月22日(日)
■ 場所  :国立代々木競技上第一体育館
■ 公式HP:公式サイト
 

(2)スケジュール

日時 種目
12月19日(木) 17:01~21:43 女子ショート
12月20日(金) 16:12~20:54 男子ショート
12月21日(土) 17:04~21:11 女子フリー
12月22日(日) 17:04~21:11 男子フリー
12月23日(月) 17:00~20:00 オールジャパン メダリスト・オン・アイス2019

 

スポンサーリンク

2.女子シングルの結果

全日本フィギュアスケート選手権・女子フリーの結果を10位以上に絞ってお伝えします。

順位 選手 ショート フリー 合計 動画
金 紀平梨花 73.98 155.22 229.20 YouTube
銀 樋口新葉 68.10 138.51 206.61 YouTube
銅 川畑和愛 65.53 128.43 193.96 YouTube
4 宮原知子 70.11 121.32 191.43 YouTube
5 横井ゆは菜 62.90 128.02 190.92 YouTube
6 坂本花織 69.95 118.31 188.26 YouTube
7 新田谷凜 62.27 121.99 184.26 YouTube
8 本田真凜 65.92 115.42 181.34 YouTube
9 永井優香 64.78 109.10 173.88 YouTube
10 吉岡詩果 60.89 110.55 171.44 YouTube

 

スポンサーリンク

3.【1位】紀平梨花 229.20点

ショートプログラムでトップの紀平梨花選手は、フリーの演技冒頭、予定していた4回転サルコーには挑戦せず、3回転サルコーを確実に決めました。
 
続くトリプルアクセルと3回転トーループの連続ジャンプは、2本目のジャンプが回転不足と判定されましたが、演技中盤には単独のトリプルアクセルを成功させて勢いに乗りました。
 
3つのスピンやステップでもすべて最高評価のレベル4を獲得し、演技構成点でも高い評価を得てフリーの得点は155.22。ショートプログラムとの合計で229.20をマークし、2位に22点余りの大差をつけて初優勝を果たしました。
 
この結果、紀平選手は世界選手権の代表に内定しました。
フィギュア
 
スポンサーリンク

4.【2位】樋口新葉 206.61点

2位は樋口新葉選手でした。樋口選手は、3回転ルッツと3回転トーループのジャンプなどを成功させて大きなミスなくまとめ、フリーでは2位となる138.51をマーク。ショートプログラムとの合計は206.61で前半の4位から、2位に順位をあげました。
 
樋口選手は「ジャンプが全部終わるまでは安心できなかったが、落ち着いて諦めずにやることをずっと意識してきた。きょうはステップの部分が1番思い切り滑れた」と演技を振り返りました。
 
そのうえで「2年間、表彰台に乗れず、悔しかった。ことしは全日本選手権に照準を合わせていた。今シーズンのこれまでの大会で見つかった課題を改善して120%の自信を持って臨めた。練習の成果を発揮できていい大会になった」と満足そうに話しました。
フィギュア
 
スポンサーリンク

5.【3位】川畑和愛 193.96点

3位にはジュニアの17歳、川畑和愛選手が入りました。
 
川畑選手は「演技に入る前から、自分がしてきたことをしっかりやりきりたいという気持ちに集中した。練習でもミスのない演技をすることができていて、本番でも練習どおりできた。緊張がある中で自分をコントロールできたことは自信になった」と振り返りました。
 
そのうえで「3位という結果にはすごくびっくりしている。順位のことは考えていなかったので、実感がない。今シーズン通して目標にしているミスのない演技ができたのでうれしい」と落ち着いた表情で話していました。
フィギュア
 
スポンサーリンク

6.まとめ

大会が終わってみると、今回は紀平選手の1強でした。紀平選手は「ここ数日、不安で眠れなかったが、眠れないときはファンの皆さんからもらった手紙を読んで励まされたので、感謝を感じた大会だった。不安の中、あの演技ができたのは本当にびっくりしたし、うれしい気持ちとともに4回転を頑張らないといけないという気持ちがある」と今後の大会を見据えていました。
 
女子スケート選手のさらなる活躍を期待しています。
 

(1)世界フィギュアスケート選手権

【大会概要】
大会名称:世界フィギュアスケート選手権
開催期間:2020年3月16日~22日
開催場所:カナダ・モントリオール
昨年参加者:紀平梨花、坂本花織、宮原知子

 
紀平梨花は2年連続の世界選手権代表を決めました。
⇒世界選手権代表は、紀平梨花、樋口新葉、宮原知子に決まりました。
 

(2)四大陸フィギュアスケート選手権

【大会概要】
大会名称:四大陸フィギュアスケート選手権
開催期間:2020年2月4日~9日
開催場所:韓国・ソウル
昨年参加者:紀平梨花、坂本花織、三原舞依

 
参加国は、ヨーロッパを除くアジア、アメリカ、アフリカ、オセアニアの4つの大陸の選手です。強豪のロシア選手は参加できません。各種目ごとに各国最大3名なので、日本女子選手も3名が出場します。
 
この大会で圧勝した紀平梨花選手は、ほぼ出場決定だと思われます。
⇒四大陸選手権代表は、紀平梨花、樋口新葉、坂本花織に決まりました。
 

紀平梨花
スポンサーリンク
自由に気ままに