スポンサーリンク

【将棋】藤井聡太七段の順位戦C級1組の対局結果・予定

将棋 将棋

第77期名人戦・順位戦では藤井七段はC級1組にいます。C級1組では1年かけてそれぞれの棋士が10局ずつ対局し、C級1組の中での成績上位者2名がB級2組に昇級します。ただし、全勝者が3名以上いた場合は全員昇級します。第77期名人戦・順位戦のクラスごとの参加者数は以下のようになっています。

クラス 人数 説明
A級 10名 名人挑戦者:1名、降級:2名
B級1組 13名 昇級:2名、降級:2名
B級2組 24名 昇級:2名、降級点:4名 ※降級点2回で降級
C級1組 39名 昇級:2名、降級点:7名 ※降級点2回で降級
 C級2組  49名 昇級:3名、降級点:9名 ※降級点2回で降級 

 
順位戦
 
今年度はC級1組には総勢39名の棋士がいます。この39名のうちで上位2名になる必要があるので、昇級することはかなり難しいことです。12月17日現在、6局全勝しているのは、近藤誠也五段、杉本昌隆七段、藤井聡太七段の3名。あと4局を残しています。藤井七段には、残り4局も勝って、1期抜け(=C級1組になった年に昇級すること)目指して頑張って欲しいです。
 

スポンサーリンク

1.今までの対戦成績(12月17日時点)

順位戦C級1組での藤井七段の対戦成績は、6戦全勝しています。残り4局ですが、棋士ランキングを見ると、第9局目の近藤五段と第10局目の都成五段が強敵です。ちなみに藤井七段の棋士ランキングは5位(1845)です。
 
昨年度のC級1組は、10勝が1名と9勝1敗が3名いました。10勝の1名は昇級しました。C級1組の中で棋士ごとに順位付けされているので、9勝1敗だった3名のうちもっとも上位だった1名のみが昇級しています。9勝1敗であっても順位が低いと昇級できないという厳しい世界です。今年度の藤井七段の順位は39名のうちの31位です。昨年度のように9勝1敗でも昇級できない場合もありますので、10戦全勝してくれることを期待しています。

対局数 対局相手 棋士ランキング 対局日 勝敗
第1局 森下 卓九段 70位 (1579) 6月19日 ○藤井 vs 森下●
第2局 豊川孝弘七段 119位 (1467) 7月3日 ○藤井 vs 豊川●
第3局 西尾 明六段 66位 (1592) 7月31日 ○藤井 vs 西尾●
第4局 青野照市九段 141位 (1399) 8月28日 ○藤井 vs 青野●
第5局 千葉幸生七段 43位 (1669) 10月23日 ○藤井 vs 千葉●
第6局 増田康宏六段 24位 (1727) 11月20日 ○藤井 vs 増田●
第7局 門倉啓太五段 113位 (1482) 12月18日  ○藤井 vs 門倉● 
第8局 富岡英作八段 142位 (1397) 1月8日 ○藤井 vs 富岡●
第9局 近藤誠也五段 23位 (1732) 2月5日 ●藤井 vs 近藤○
第10局 都成竜馬五段 31位 (1712) 3月5日  

スポンサーリンク

2.次の対局予定(12月18日)

藤井七段の次の対局は12月18日に行われ、対局相手は門倉啓太五段です。AbemaTVとニコニコ生放送でLIVE中継されます。対局終了はいつも21時30分~22時30分くらいですが、正確なところはわかりません。12月18日の対局、藤井七段がどのような将棋を見せてくれるか、楽しみです。 

棋戦名 第77期順位戦
対局日 12月18日
対局相手 門倉啓太五段
対局場所 関西将棋会館
持ち時間 各6時間
開始時間 午前10:00~
 LIVE中継  AbemaTV 午前9:30~
ニコニコ生放送 午前10:00~ 

AbemaTV

将棋
スポンサーリンク
自由に気ままに