スポンサーリンク

【新元号】5月1日に公表!新元号の予想・候補は「安久・安永」

元号 その他

2019年1月4日、伊勢神宮を参拝した安倍首相は年頭記者会見で新元号の公表を4月1日に行うと正式に表明しました。当初は新元号の公表日を天皇陛下の即位30年を祝う式典を行うことを考慮して4月11日以降という案もあったようですが、多くのパソコンに用いられているマイクロソフト社のOS「ウィンドウズ」の更新作業が毎月1日に行われることが世界的な標準になっていることもあり、4月1日より後の公表となると、システムに反映されるのが5月1日以降となってしまい、影響が生じてしまうのだそうです。
 
天皇陛下の譲位により今年5月1日に元号が「平成」から改元されますが、SNSなどで新元号を予想する人が増えています。645年の「大化」から「平成」まで247の元号がありますが、「永」「和」「安」「天」「元」など、繰り返し使われている漢字が多いのも理由で、今までの元号に使われた漢字を見ていると自分でも予想できるかもしれないと思えてきます。
 

↓ブログランキングに参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログへ 

 

スポンサーリンク

1.元号の条件

元号を決める上でいくつか条件があります。
 
◆国民の理想としてふさわしいよい意味を持つ
◆漢字2字
◆読みやすい
◆書きやすい
◆過去に元号やおくり名(天皇や皇后などの崩御後の呼び名)として使われていない
◆一般的に使われていない
 
さらに慣例や国民生活への影響から次も条件に追加して良さそうです。
 
◆基本的に「漢書」から引用されること
◆過去の元号の候補から決められる可能性も高いこと
◆イニシャルが明治(M)・大正(T)・昭和(S)・平成(H)と被らない
 
元号のイニシャルを考えると「永」⇒E、「和」⇒W、「安」=A は有力かもしれません。
 
スポンサーリンク

2.新元号の予想ランキング

「ソニー生命保険」が2018年3月に新元号の予想を1,000人から集計したところ、下記のようなランキングになりました!
 
元号予想
 
これに元号の条件を当てはめると、、

順位 元号 人数 条件
1位 平和 47 NG ⇒ イニシャル「H」
2位 和平 19  
3位 安久 17  
4位 未来 16 NG ⇒ イニシャル「M」
5位 自由 11 NG ⇒ 一般的に使われている
5位 新生 11 NG ⇒ イニシャル「S」
7位 大成 10 NG ⇒ イニシャル「T」
8位 羽生 9 NG ⇒ イニシャル「H」
8位 希望 9 NG ⇒ 一般的に使われている
10位 安泰 8 NG ⇒ イニシャル「T」
10位 安寧 8  
10位 太平 8 NG ⇒ イニシャル「T」

この中で有力な新元号の候補は「和平」「安久」「安寧」あたりでしょうか。「平」の字は「平成」で使っていて、さらに「寧」は画数が多いので、そうすると「安久」が最有力候補です。ここには無いですが、ネット上で有力候補になっている「安永」も良いです。
 
安全・安心・安泰を意味する「安」。それが永く続くという意味の「久」「永」。新しい時代はそういった時代が来て欲しいです。
 

スポンサーリンク

3.新元号に対するシステム対応

4月1日に新元号が発表されて、システム対応できる期間が1ヶ月しかないと言うシステムベンダーもいるかもしれませんが、元号の情報をマスタ化しておくことで、基本的には事前の対応が可能だと思います。これを機に和暦表示を使わずに西暦表示をするという対応が一番有用で、こうすることで事前対応が可能になる上、次回元号が変わった時にシステム対応が不要になります。
 
ただ、システムベンダーも人間ですので、全てがうまくいく訳ではありません。元号の情報をマスタ化しておらず、プログラムに何か所にも渡って「平成」や「昭和」などの文字を書き込んでいることや、帳票レイアウトに「平成」という文字列を直接打ち込んであることがあり、これらの場合はすべて修正する必要があります。何か所も直さないといけない場合は修正漏れが発生することもあるでしょう。プロ意識を持っている人もいれば、そうでない人もいますので、元号が変わることで大きな影響がある方は、システムベンダーに任せきりにせず、チェックした方が良いと思います。
 
わたしもシステムエンジニアですが、これを機に西暦表示にしたいというお客さんがたまたま多いので、既に対応を進めています。余裕を持ってやることをやって、10連休はゆっくり休みたいです。

コメント欄