スポンサーリンク

【藤井聡太】第12回朝日杯将棋オープン戦・準決勝&決勝(対局予定・結果)

朝日杯 藤井聡太

2019年2月16日(土)に「東京・有楽町朝日ホール」で第12回朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメントが行われ、準決勝で藤井聡太七段は行方尚史八段と対局。120手で藤井七段が勝利しました。もう一つの準決勝で渡辺明棋王が千田翔太六段に勝ち、決勝戦の相手は絶好調の渡辺明棋王。決勝戦の結果は、128手で藤井七段の勝利。みごと優勝し、朝日杯2連覇を成し遂げました。朝日杯の連覇は羽生善治九段が平成25年~27年に3連覇して以来、史上2人目の連覇となりました。
 
対局後、藤井七段は「去年に続いて、会場で指せることを楽しみにしていました。自分にとっても非常に大きな対局でした。その中で、しっかり1手1手考えて、自分なりに指すことができたのが、この結果につながったのかなと思います」とコメントしました。


にほんブログ村 その他日記ブログへ 日記・雑談ランキング

 

スポンサーリンク

1.朝日杯将棋オープン戦・本戦トーナメント(2月16日)

2月16日に朝日杯・準決勝に出場する棋士は、藤井聡太七段・行方尚史八段・渡辺明棋王・千田翔太六段です。持ち時間40分の短期決戦。この日の対局で2勝すると、第12回朝日杯の優勝者となります。
朝日杯

棋戦名 第12回朝日杯将棋オープン戦 
本戦トーナメント
優勝賞金 750万円
対局日 2019年2月16日
対局相手 行方尚史八段
対局場所 東京・有楽町朝日ホール
持ち時間 各40分
開始時間 午前10:00~
 LIVE中継  AbemaTV 午前9:30~

【準決勝】藤井七段 VS 行方八段 ⇒藤井七段の勝利

2月16日、朝日杯準決勝で藤井七段は行方八段と対局し、藤井七段が120手で勝利しました。2年連続となる決勝戦進出を決めました。
朝日杯
朝日杯
 

【準決勝】渡辺棋王 VS 千田六段 ⇒渡辺棋王の勝利

2月16日、朝日杯準決勝で渡辺棋王は千田六段と対局し、渡辺棋王が105手で勝利しました。
 

【決勝】 藤井七段 VS 渡辺棋王 ⇒藤井七段が優勝!

2月16日、朝日杯決勝で藤井七段は渡辺棋王と対局し、藤井七段が128手で勝利しました。みごと優勝し、朝日杯2連覇を成し遂げました。
朝日杯
朝日杯
 
スポンサーリンク

2.藤井七段の勝負めし

藤井七段が選んだ勝負めしは、ふんわり天津炒飯、七種の彩り春雨サラダ、濃深(こくぶか)生チョコロールケーキこちらです。
朝日杯
朝日杯
朝日杯
 
スポンサーリンク

3.棋士ランキング(2月12日時点)

2月12日時点の棋士ランキングはこちらです。

【棋士ランキング】
順位 棋士 レート
1 渡辺明棋王 1915
5 藤井聡太七段 1862
7 千田翔太六段 1820
31 行方尚史八段 1720

※最新の棋士ランキングはこちらです。
 

スポンサーリンク

4.藤井七段の成績(2月12日時点)

2月12日時点の藤井七段の成績です。
朝日杯

【藤井聡太七段】
 棋士番号  307
生年月日 2002年7月19日(16歳)
出身地 愛知県瀬戸市
師匠 杉本昌隆七段
竜王戦 4組
順位戦 C級1組
【昇段履歴】
日付  段位  昇段理由
2012年9月 6級 奨励会入会
2016年4月 三段  
2016年10月1日 四段 第59回奨励会三段リーグ戦優勝
2018年2月1日 五段 順位戦C級1組昇級
2018年2月17日 六段 五段昇段後全棋士参加棋戦優勝
2018年5月18日 七段 竜王ランキング戦連続昇級
【総合成績】
  対局数 勝率
2018年度 45戦 38勝 7敗 0.844
2017年度 73戦 61勝 12敗 0.836
2016年度 10戦 10勝 0敗 1.000
通算成績 128戦 109勝 19敗 0.852
【勝率ランキング(2018年度)】
順位 棋士 勝率
1 藤井聡太七段 0.844(38勝7敗)
2 及川拓馬六段 0.806(29勝7敗)
3 渡辺明棋王 0.800(32勝8敗)
4 千田翔太六段 0.786(33勝9敗)
5 永瀬拓矢七段 0.758(25勝8敗)
【勝数ランキング(2018年度)】
順位 棋士 勝数
1 広瀬章人竜王 39勝
2 藤井聡太七段 38勝
3 豊島将之二冠 34勝
3 大橋貴洸四段 34勝

 

スポンサーリンク

5.行方尚史八段の経歴・成績

行方尚史八段の経歴・成績をご紹介します。準決勝で対局する行方八段は藤井七段とは初顔合わせ。
朝日杯

【行方尚史八段】
棋士番号 208
生年月日 1973年12月30日(45歳)
出身地 青森県弘前市
師匠 (故)大山康晴十五世名人
竜王戦 3組(1組:7期)
順位戦 B級1組(A級:6期)
【昇段履歴】
日付  段位  昇段理由
1986年 6級 奨励会入会
1990年 初段  
1993年10月1日 四段 プロ入り
1995年10月1日 五段 竜王ランキング戦連続2回優勝
1999年6月21日 六段 勝数規定
2004年4月1日 七段 順位戦B級1組昇級
2007年4月1日 八段 順位戦A級昇級
【総合成績】
  対局数 勝率
2018年度 33戦 18勝 15敗 0.545
通算成績 1020戦 622勝 398敗 0.610

 

スポンサーリンク

6.渡辺明棋王の経歴・成績

渡辺棋王の経歴・成績をご紹介します。
朝日杯

【渡辺明棋王】
 棋士番号  235
生年月日 1984年4月23日(34歳)
出身地 東京都葛飾区
師匠 所司和晴七段
竜王戦 1組(1組以上:12期)
順位戦 B級1組(A級:8期)
【昇段履歴】
日付  段位  昇段理由
1994年 6級  
1997年 初段  
2000年4月1日 四段 第26回奨励会三段リーグ戦優勝
2003年4月1日 五段 順位戦C級1組昇級
2004年10月1日 六段 竜王挑戦
2005年10月1日 七段 竜王獲得
2005年11月17日 八段 竜王1期
2005年11月30日 九段 竜王2期、史上最年少九段
【総合成績】
  対局数 勝率
2018年度 38戦 30勝 8敗 0.789
通算成績 919戦 605勝 314敗 0.658

 

スポンサーリンク

7.千田翔太六段の経歴・成績

千田六段の経歴・成績をご紹介します。
朝日杯

【千田翔太六段】
棋士番号 291
生年月日 1994年4月10日(24歳)
出身地 大阪府箕面市
師匠 森信雄七段
竜王戦 4組
順位戦 B級2組
【昇段履歴】
日付  段位  昇段理由
2006年9月 6級 奨励会入会
2010年4月 三段  
2013年4月1日 四段 第52回奨励会三段リーグ優勝
2015年2月12日 五段 順位戦C級1組昇級
2016年12月16日 六段 棋王戦タイトル挑戦
【総合成績】
  対局数 勝率
2018年度 42戦 33勝 9敗 0.786
通算成績 295戦 214勝 81敗 0.725