スポンサーリンク

【藤井聡太】詰将棋解答選手権2019、チャンピオン戦で5連覇達成!

詰将棋04 将棋

2019年3月31日、詰将棋の解答力日本一を決める第16回詰将棋解答選手権チャンピオン戦が行われました。注目の藤井七段は幼稚園の頃から詰め将棋を始め、同選手権には7歳から出場しています。小学6年のときには史上最年少で初優勝。それ以来、4連覇を達成しています。藤井聡太七段は98.5点で優勝し、みごと5連覇を果たしました。準優勝は96点の斎藤慎太郎王座でした。
 
名古屋会場で参加した藤井聡太七段。午前中は55分で解答用紙を提出しましたが、誤記があり0.5点の減点に。午後は第9問目で苦戦していたこともあり、誤記が2か所ありました(合計1点減点)。藤井七段は合計98.5点でした。
 
詰将棋
 

スポンサーリンク

1.詰将棋解答選手権の概要

詰将棋解答選手権の概要はこちらです。

大会名 第16回詰将棋解答選手権
場所 大阪会場、東京会場、(名古屋会場)
開催日 2019年3月31日(日)
内 容 前半戦 競技開始は11時10分。90分以内に5題を解答。
後半戦 競技開始は14時。90分以内に5題を解答。
その他 問題は39手以内。前後半戦の合計成績の順位を全国で併せて算出します。

 

スポンサーリンク

2.藤井七段の成績

藤井七段の過去からの成績はこちらです。

開催日 開催回 優勝 2位 3位
2015年3月29日 第12回 藤井聡太二段(12歳)
(100点 / 159分)
山田康平アマ
(91点 / 174分)
宮田敦史六段
(90点 / 120分)
2016年3月27日 第13回 藤井聡太三段(13歳)
(90点 / 110分)
黒川智記三段
(90点 / 140分)
若島正アマ
(90点 / 169分)
2017年3月26日 第14回 藤井聡太四段(14歳)
(91点 / 114分)
池永天志三段
(90点 / 152分)
宮田敦史六段
(90点 / 159分)
2018年3月25日 第15回 藤井聡太六段(15歳)
(100点 / 145分)
宮田敦史六段
(94点 / 180分)
及川拓馬六段
(82点 / 180分)
2019年3月31日 第16回 藤井聡太六段(16歳)
(98.5点 / 145分)
斎藤慎太郎王座
(96点 / 175分)
宮田敦史七段
(90点 / 151分)

 

スポンサーリンク

3.今回の成績

今回チャンピオン戦に参加した上位陣の成績です。5連覇を達成した藤井七段、誤記により満点は逃しましたが、みごと優勝しました。

順位 氏名 会場 第1ラウンド 第2ラウンド 総合成績
得点/50 時間/90 得点/50 時間/90 得点/100 時間/180
1 藤井聡太七段 名古屋 49.5点 55分 49点 90分 98.5点 145分
2 斎藤慎太郎王座 名古屋 46点 90分 50点 85分 96点 175分
3 宮田敦史七段 東京 50点 61分 40点 90分 90点 151分
4 山田康平アマ 大阪 50点 70分 33点 90分 83点 160分
5 折田翔吾アマ 大阪 42点 90分 40点 90分 82点 180分
6 石川優太三段 名古屋 41点 90分 40点 90分 81点 180分
7 井上徹也アマ 東京 40点 90分 40点 90分 80点 180分
7 小山直希三段 東京 40点 90分 40点 90分 80点 180分
9 柳澤瑛 東京 40点 90分 39.5点 90分 79.5点 180分
10 服部慎一郎三段 大阪 42点 88分 33点 90分 75点 178分

 

将棋
スポンサーリンク
自由に気ままに