スポンサーリンク

【新元号】『平成』から『令和』へ!

元号01 その他

2019年4月1日(月) 11時41分、政府は「平成」に代わる新たな元号を「令和(れいわ)」と発表しました。5月1日の皇太子さまの新天皇即位に合わせて元号が変わります。元号の典拠が初めて日本古典(国書)である「万葉集」から引用されました。
 
菅義偉官房長官が記者会見で新元号を発表しました。続いて安倍晋三首相も会見し、込めた思いを国民に説明。政府によると、万葉集の「梅花(うめのはな)の歌」の「初春令月、気淑風和=初春の令月にして、気淑(よ)く風和(やわら)ぎ」から引用したようです。
 
新元号は645年の「大化」から数えて248番目です。今回は明治以降の憲政史上初めてとなる退位に伴う改元。国民生活への影響を最小限に抑えるとして、改元1ヶ月前の発表となりました。
 

スポンサーリンク

1.前回の新元号公表

「新しい元号は平成であります」
 
昭和最後の日となった昭和64年1月7日、小渕官房長官は記者会見に臨み、白木の額に入れられた「平成」の書を掲げました。
新元号
 
約30年前、改元に際して「平成」以外にも、「修文」「正化」が原案に含まれていたようです。しかし元号をアルファベットの頭文字を使って表す際に「修文」や「正化」では「昭和」の「S」と重なり、不都合が起きてしまうと考えたらしく、最終的に「平成」が選ばれました。
  
スポンサーリンク

2.元号の条件・選定基準

元号を決める上でいくつか条件・選定基準があります。


(1) 縁起がいい
  1-a) 国民の理想としてふさわしいよい意味を持つ
  1-b) 基本的に「漢書」から引用されること
(2) 使いやすい
  2-a) 漢字2字。
  2-b) 読みやすい。
  2-c) 総画数が多くなく、書きやすい。
(3) 不都合が少ない
  3-a) 一般的に使われていない
  3-b) イニシャルが明治(M)・大正(T)・昭和(S)・平成(H)と被らない
(4) その他の違和感がない
  4-a) 過去に元号やおくり名(天皇や皇后などの崩御後の呼び名)として使われていない
  4-b) 過去の元号の候補から決められる可能性もある


 
スポンサーリンク

3.新元号の予想外れる

ネット上では新元号の予想合戦が繰り広げられていましたが、あらかたの予想は外れていました。新元号『令和』のイニシャルは「R」ですが、「A」(安)や「W」(和)を予想したものが多かったです。

順位 元号 人数 条件・選定基準
1位 平和 47 NG ⇒ イニシャル「H」
2位 和平 19  
3位 安久 17  
4位 未来 16 NG ⇒ イニシャル「M」
5位 自由 11 NG ⇒ 一般的に使われている
5位 新生 11 NG ⇒ イニシャル「S」
7位 大成 10 NG ⇒ イニシャル「T」
8位 羽生 9 NG ⇒ イニシャル「H」
8位 希望 9 NG ⇒ 一般的に使われている
10位 安泰 8 NG ⇒ イニシャル「T」
10位 安寧 8  
10位 太平 8 NG ⇒ イニシャル「T」
その他
スポンサーリンク
自由に気ままに