スポンサーリンク

【藤井聡太】順位戦 C級1組 2回戦、わずか1時間23分、47手で勝利!

藤井聡太 将棋

2019年7月2日に第78期名人戦・順位戦C級1組の2回戦が関西将棋会館で行われ、藤井聡太七段は堀口一史座七段と対局し、47手で勝利しました。
 
順位戦C級1組では1年かけてそれぞれの棋士が10局ずつ対局し、C級1組の中で成績上位者2名がB級2組に昇級します。今年度はC級1組には36名の棋士がいますが、そのうち33名が昇級できないという厳しい世界です。昨年度は9勝1敗という好成績を収めながら、昇級の夢が叶わなかった藤井七段。今年度はB級2組への昇級を果たせるか、注目しながら対局・結果・成績・勝負メシをお伝えします。
   

スポンサーリンク

1.大会概要

第78期名人戦・順位戦C級1組の大会概要、方式、放送予定です。
 

・順位戦 C級1組 1回戦

■ 棋戦名 :第78期名人戦・順位戦C級1組
■ 対局日 :2019年7月2日(火)
■ 対局相手:堀口一史座七段
■ 対局場所:関西将棋会館
■ 持ち時間:各6時間
■ 開始時間:午前10:00~
 

・順位戦 C級1組の方式

■ 名人戦・順位戦の対局数
 ・10局
 
■ 昇級者(C1)
 ・全勝者(全員)又は 成績上位の2名
 
■ 降級者(C1)
 ・降級点が累積2点
 
■ 降級点(C1)
 ・成績下位の内、参加人数の20%に降級点を1点累積。
 ・今期勝ち越し又は2期連続の5勝5敗で、降級点を1点消去。
 ・上記2つの条件に同時に該当する場合、次期は現状維持(累積と消去 相殺)。
 ・昇・降級時には降級点リセット。 
 

・放送予定

■ AbemaTV:9:30~
■ ニコニコ生放送:なし
 

・堀口一史座七段の紹介

■ 棋士番号:218
■ 生年月日:1975年2月28日(44歳)
■ 出身地 :東京都
■ 師匠  :伊藤果八段
■ 竜王戦 :5組
■ 順位戦 :C級1組
 
スポンサーリンク

2.藤井七段の対局予定(順位戦C級1組)

【第78期名人戦の対局予定・結果】
  対局日 相手 勝敗 コメント
1回戦 2019年6月18日 村田顕弘六段 118手で勝利
2回戦 2019年7月2日 堀口一史座七段 47手で勝利
3回戦 2019年8月6日 金井恒太六段    
4回戦 2019年9月3日 高橋道雄九段    
5回戦 2019年10月15日 宮本広志五段    
6回戦 2019年11月5日 青嶋未来五段    
7回戦 2019年12月3日 船江恒平六段    
8回戦 2020年1月14日 小林裕士七段    
9回戦 2020年2月4日 髙野秀行六段    
10回戦 2020年3月3日 真田圭一八段    

※順位戦 C級1組 … 昇級2名。
 

スポンサーリンク

3.対局結果(7月2日)

7月2日に順位戦 C級1組 2回戦が行われ、藤井聡太七段が堀口一史座七段と対局。わずか47手、1時間23分で勝ちました。
藤井七段
 
スポンサーリンク

4.藤井七段の成績(7月2日時点)

【総合成績】
  対局数 勝率
2019年度 13戦 11勝 2敗 0.846
2018年度 53戦 45勝 8敗 0.849
2017年度 73戦 61勝 12敗 0.836
2016年度 10戦 10勝 0敗 1.000
通算成績 149戦 127勝 22敗 0.852
【勝率ランキング(2018年度)】
順位 棋士 勝率
1 藤井聡太七段 0.849(45勝8敗)
2 渡辺明棋王 0.800(40勝10敗)
3 永瀬拓矢七段 0.800(36勝9敗)
4 佐々木大地四段 0.780(46勝13敗)
5 及川拓馬六段 0.767(33勝10敗)
【勝数ランキング(2018年度)】
順位 棋士 勝数
1 佐々木大地四段 46勝
2 藤井聡太七段 45勝
3 広瀬章人竜王 43勝
4 渡辺明二冠 40勝
4 千田翔太七段 40勝
【棋士ランキング(6/23 時点)】
順位 棋士 レート
1 渡辺明二冠 1972
2 豊島将之名人 1914
3 藤井聡太七段 1894
4 永瀬拓矢叡王 1877
5 羽生善治九段 1862
6 広瀬章人竜王 1859
7 千田翔太七段 1823
8 木村一基九段 1807
9 菅井竜也七段 1806
10 佐々木大地五段 1804

 

将棋
スポンサーリンク
自由に気ままに