スポンサーリンク

【将棋】第6期叡王戦 タイトル戦 第5局・対局結果(藤井聡太二冠 vs 豊島将之二冠)

将棋 将棋

2021年9月13日(月)、第6期叡王戦 タイトル戦 五番勝負 最終局で、藤井聡太二冠が豊島将之二冠と対局します。第4局までの結果は、藤井聡太二冠の2勝2敗。『叡王位獲得』『三冠』まであと1勝と迫っています。見ごたえのある対局を期待しながら、対局結果をお伝えします。
 


■ 史上最年少三冠 藤井聡太二冠が会見
[FNNプライムオンライン 2021年9月14日 0時22分]
 
将棋の藤井聡太二冠が、「叡王戦(えいおうせん)」五番勝負の第5局で、叡王と竜王のタイトルを持つ豊島将之二冠を制し、史上最年少の10代での三冠を達成した。

13日午前9時から東京・将棋会館で行われた叡王戦第5局は、中盤まで白熱した対局が続いたが、終盤は徐々に藤井二冠が優勢となり、午後6時22分、第111手で豊島叡王を制し、3つ目のタイトル「叡王」を獲得、史上最年少19歳1カ月での三冠を達成した。

藤井新叡王「(将棋は)個人競技なので、自分の将棋にしっかり向き合っていきたい」

藤井新叡王は、10月8日から始まる竜王戦に向けて、「豊島竜王とのシリーズになるので、これまでの経験や反省をしっかり生かしたい」と話した。


■ 9月13日ついに決着! 豊島将之叡王VS藤井聡太二冠 勝者がタイトルを獲得する大一番、叡王戦第5局
[マイナビニュース 2021年9月10日 12時50分]
 
豊島将之叡王に藤井聡太二冠が挑戦中の将棋のタイトル戦、第6期叡王戦五番勝負(主催:株式会社不二家)は両者2勝2敗でフルセットになっています。そしてついに9月13日、勝者がタイトルを獲得する運命の第5局が東京・将棋会館で行われます。豊島叡王が叡王初防衛に成功し、タイトルを死守するのか。それとも藤井二冠が三冠目を獲得し、史上最年少三冠になるのか。決戦のときが迫っています。


■ 豊島将之叡王が藤井聡太二冠に勝利、決着は最終第5局へ
[朝日新聞デジタル 2021年8月22日 19時26分]
 
 将棋の藤井聡太二冠(19)=王位・棋聖=が豊島将之叡王(31)=竜王と合わせ二冠=に挑戦する第6期叡王戦五番勝負(不二家主催)の第4局が22日、名古屋市で指され、豊島叡王が91手で勝って対戦成績を2勝2敗とした。最終第5局は9月13日、東京都渋谷区で行われる。

 先手の豊島叡王の作戦は「相懸(あいが)かり」。的確な指し手を続けてリードを奪い、押し切った。豊島叡王は「何とか追いついたという感じ。次は最終局なので、悔いがないように指せたら」。最年少での三冠まであと1勝として対局に臨んだ藤井二冠は「早い段階でミスが出てしまって残念。完敗だったので、最終局は精いっぱい戦って、勝負どころを作れるようにしたい」と話した。


■ 叡王戦五番勝負
  第1局 第2局 第3局 第4局 第5局 勝敗
7/25 8/3 8/9 8/29 9/13
豊島将之叡王 2勝3敗
藤井聡太二冠 3勝2敗
  95手
角換わり
161手
角換わり
121手
角換わり
91手
相掛かり
111手
相掛かり
 

 


※ 藤井聡太二冠のタイトル戦の対局結果はこちら
  ⇒【藤井聡太】タイトル戦の対局結果2021~目指せ八冠!~
 
※ 第4回ABEMAトーナメントの結果はこちら
 ⇒【将棋】第4回ABEMAトーナメント、対局日程・結果・放送予定


 

スポンサーリンク

1.第6期叡王戦 タイトル戦 五番勝負

第6期叡王戦 タイトル戦 五番勝負の概要、放送予定をお伝えします。
 

(1)概要

■ 棋戦名 :第6期叡王戦 タイトル戦 五番勝負
■ 対局日 :2021年9月13日(月)
■ 対局相手:豊島将之二冠
■ 対局場所:東京・将棋会館
■ 持ち時間:4時間
 

(2)放送予定

■ AbemaTV→こちら
 将棋チャンネル
 9月13日(月) 08:30 〜 9月14日(火) 00:00
 

(3)豊島将之二冠の紹介

■ 棋士番号:264
■ 生年月日:1990年4月30日(31歳)
■ 出身地 :愛知県一宮市
■ 師匠  :桐山清澄九段
■ 竜王戦 :第33期竜王(1組以上:8期)
■ 順位戦 :A級(A級以上:5期)
■ 今年度の成績  :9勝9敗(0.500)
■ 過去の対戦成績 :藤井二冠の6勝9敗。
 

(4)過去のタイトルホルダー

■ 一般棋戦
  決勝三番勝負
年度 優勝者 勝敗 準優勝者
1期 2015年度 【勝】山崎隆之八段 ○○ 郷田真隆九段
2期 2016年度 【勝】佐藤天彦九段 ○○ 千田翔太七段
■ タイトル戦
  叡王戦七番勝負
年度 叡王 勝敗 挑戦者
3期 2017年度 【勝】高見泰地七段 ○○千○○ 金井恒太六段
4期 2018年度 高見泰地七段 ●●●● 【勝】永瀬拓矢王座
5期 2019年度
2020年度
永瀬拓矢王座 千●持持○○●○●● 【勝】豊島将之二冠
  叡王戦五番勝負
年度 叡王 勝敗 挑戦者
6期 2021年度 豊島将之二冠 ●○●○● 【勝】藤井聡太二冠

 

スポンサーリンク

2.対局結果

2021年9月13日に叡王戦 タイトル戦 五番勝負で、藤井聡太二冠と豊島将之二冠が対局。藤井聡太二冠が111手で勝利。
 
将棋
将棋
 
スポンサーリンク

3.2021年度の成績

藤井聡太二冠の2021年度の成績はこちらです。(2021/9/5 時点)

【総合成績】
  対局数 勝率
通算成績 283戦 238勝 45敗 0.840
【総合成績(年度ごと)】
  対局数 勝率
2021年度 30戦 25勝 5敗 0.833
2020年度 52戦 44勝 8敗 0.846
2019年度 65戦 53勝 12敗 0.815
2018年度 53戦 45勝 8敗 0.849
2017年度 73戦 61勝 12敗 0.836
2016年度 10戦 10勝 0敗 1.000
【対局数ランキング(2021年度)】
順位 棋士 対局数
1 藤井聡太二冠 30
2 池永天志五段 24
2 斎藤明日斗四段 24
4 斎藤慎太郎八段 23
5 木村一基九段 22
5 服部慎一郎四段 22
5 伊藤匠四段 22
8 近藤誠也七段 21
9 八代弥七段 20
9 梶浦宏孝七段 20
【勝数ランキング(2021年度)】
順位 棋士 勝数
1 藤井聡太二冠 25勝
2 池永天志五段 17勝
2 斎藤明日斗四段 17勝
2 服部慎一郎四段 17勝
2 伊藤匠四段 17勝
6 斎藤慎太郎八段 16勝
6 近藤誠也七段 16勝
8 木村一基九段 14勝
【勝率ランキング(2021年度)】※2戦以上に限る
順位 棋士 勝率
1 髙見泰地七段 0.857(6勝-1敗)
2 藤井聡太二冠 0.833(25勝-5敗)
3 本田奎五段 0.824(14勝-3敗)
4 糸谷哲郎八段 0.800(8勝-2敗)
5 佐々木勇気七段 0.786(11勝-3敗)
6 服部慎一郎四段 0.773(17勝-5敗)
6 伊藤匠四段 0.773(17勝-5敗)
8 井田明宏 0.769(10勝-3敗)

 

スポンサーリンク

4.棋士ランキング

藤井聡太二冠の棋士ランキングはこちらです。(2021/9/5 時点)

順位 棋士 レート
1 藤井聡太二冠 2062
2 豊島将之竜王 1936
3 渡辺明名人 1922
4 永瀬拓矢叡王 1902
5 斎藤慎太郎八段 1867
6 広瀬章人八段 1823
7 糸谷哲郎八段 1820
8 木村一基九段 1817
9 菅井竜也八段 1794
10 近藤誠也七段 1790

※ 棋士ランキングサイトはこちら