スポンサーリンク

【長野えびす講花火大会】全国でも珍しい11月に行われる花火大会!

長野 花火大会

11月23日、第113回長野えびす講花火大会が開催されました。

全国でも珍しい11月に行われる花火大会です。

長野

日   時:11月23日(金) 18:00~20:00
場   所:長野市
打ち上げ数:1万2千発
来場者数 :40万人

この日は冷え込み、12月下旬並みの寒さ。
寒空の下、見ている方は寒いです。
防寒対策は必須です。

↓ブログランキングに参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログへ 

 

スポンサーリンク

1.長野えびす講煙火大会

長野えびす講煙火大会は今回で第113回目!

明治32年(1899年)から始まった歴史のある花火大会です。

長野

たくさんの屋台が出て、とても賑やかです。

寒い中での花火大会なので、気が付いた時は屋台で暖かい食べ物を買っています。

 
少し離れたところからスマホで花火の写真を撮ってみましたが、ピントが合わず、、
うまく撮れませんでした(ToT)

花火

夜、花火をスマホで撮る、、、難しいです(ToT)

 

スポンサーリンク

2.予約席

えびす講花火大会では有料の予約席があります。

気になる料金は、
 ・プレミアムシート:20,000円
 ・えびすシート:4,500円
 ・大黒シート:5,000円くらい?
です。

 2-1.プレミアムシート

気になる料金は20,000円!

シート

プレミアムシートは結構なお値段ですが、次の特典があります。
 ・限定100席
 ・プレミアムシート座席指定(椅子1席、テーブル付)
 ・無料駐車場あり
 ・豪華お弁当
 ・フリードリンク(アルコール・ソフトドリンク)
 ・信州特産のお土産
 ・膝掛け
 ・花火大会公式プログラム
 ・使い捨てカイロ

 

 2-2.えびすシート

気になる料金は4,500円です。
当日券になりますが、手が出せる金額です。

シート

えびすシートは次の特典があります。
 ・限定2,500席
 ・えびすシート座席指定(パイプ椅子1席、テーブル無し)
 ・信州特産のお土産
 ・花火大会公式プログラム
 ・使い捨てカイロ

 

 2-3.大黒シート

バスツアーや宿泊プランなどで予約できる大黒シートというのもあります。

シート

大黒シートは次の特典があります。
 ・大黒シート座席指定(パイプ椅子1席、テーブル付)
 ・お弁当
 ・膝掛け
 ・使い捨てカイロ

 

スポンサーリンク

3.まとめ

あまり知られていませんが、長野県は
 ・打揚煙火生産額全国2位
 ・煙火製造業者数全国1位
という有数の花火生産地です。

そんな長野県で行われる花火大会なので、長野えびす講煙火大会では、趣向を凝らしたいろんな種類の花火が打ち上げられます。

 
えびす講煙火大会の他で、長野県内で有名な花火大会として、
 ・諏訪湖祭湖上花火大会(毎年8月15日開催、打ち上げ数4万発)
 ・全国新作花火競技大会(毎年9月第1土曜日、打ち上げ数1万8千発)
があります。

諏訪湖畔で行われる花火大会で、長野自動車道の諏訪SAからも良く見えます。

余談ですが、この日は諏訪SA付近が大渋滞するので、長野自動車道を使う時は注意しましょう。

長野
※渋滞のイメージ(諏訪SAの渋滞ではありません)

 
11月末に行われる花火大会、、
長野えびす講煙火大会が終わると、今年もあとわずかだと感じます。

あと今年やることは、
 ・大掃除したり、
 ・年賀状書いたり、
 ・サラリーマン川柳を見て笑ったり、
 ・今年の漢字は何か予想したり、
 ・宝くじ買ったり、

と考えたりします。

今日は良い花火大会でした。

コメント欄