スポンサーリンク

【バカとつき合うな】バカばっかりの環境に居続けるバカ

バカとつき合うな バカとつき合うな

ホリエモンとキンコン西野が書いた「バカとつき合うな」という本を読んでみました。

本

自由になることを目指して、一般的に当たり前のことで疑いようのない常識だと思われていることを「バカ」という言葉を使って「これ間違違っているんじゃない?」と問い掛けをしている本です。

本を読んで感じることは人それぞれですが、まずは考えてみることが大事なので、本の中で気になったところを取り上げてみます。

↓ブログランキングに参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログへ 

スポンサーリンク

バカばっかりの環境に居続けるバカ


(抜粋)
あなたは、バカと付き合っています。
もし、あなたがいま自由でないなら、確実にそうです。バカと付き合っているから、自由じゃないんです。ぼくはいっさいバカとは付き合わないし、その結果、すごく自由です。


 
バカ、バカと書かれていますが、ここで言いたいのは「環境は自分の意志で変えられる」ということだと思います。ここでいう環境として思いつくものは、仕事だったり、学校だったり、、、

どちらも簡単に変えられるものでは無いです。

いまの環境が当たり前になっていると、いまの環境以外にいる自分(例えば、いまとは違う仕事をしている自分)を実現する可能性が高いものとして想像することがなかなかできません。

仕事・学校を辞めることでも環境は変えられますが、情報を集めて想像力を働かせて「もっとこういう仕事がしたい」「もっとこんな勉強がしたい」とやりたいことが見えてきたときも、環境を変えるチャンスのひとつなのではないかと思います。

そう思う一方で、仕事を変えてみても今より良くなる保証はどこにも無いですよね。自分のやりたいことがはっきりしていれば学校・仕事は決めやすいですが、そういう状況ばかりとも限りません。学校だって、1年間行ってみて思っていた姿と違うからさらに別の学校に変えたいという訳にもなかなかいきません。それに結婚して子供がいれば、家族を路頭に迷わせる訳にもいかないです。

そう考えると、ホリエモンみたいに完全に自由になるのは難しいし、いっさいバカと付き合わないというのは難しい。この本では学校・仕事を選んだ後でも自分の居場所でないと感じたならば環境を変えることを考えてみようと言っていますが、なかなか実現が難しい、、と考えてしまいます。

なので、自分や自分の周りができることとしては、
 ①仕事に就く本人が自らよく考え、自分の意思で選ぶ。
 ②仕事では自由にならない部分があることを承知していく。
 ③仕事に行きながら、よりよい環境がないか探り続ける。
くらいです。

まとめてみましたが、上記①は当然として、②③は一般的でないと思います。条件が自分に合っていてより高い給料をもらえる仕事があればうれしいので、③は考えてみてもいいかもしれません。

反響がよければ、その2・その3と続けていきます。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント欄