スポンサーリンク

【大坂なおみ】BNPパリバ・オープン2019(試合予定・結果・テレビ放送)

BNP大坂01 大坂なおみ

2019年3月6日から開催されているBNPパリバ・オープン(アメリカ)に世界ランク1位(3月4日時点)の大坂なおみ選手が出場しました。昨年の大会ではみごと優勝を飾り、世界ランク1位への階段を上り始めたこの大会。相性の良い今大会で2連覇できるかどうか注目しています。また、2月にサーシャ・バイン氏とのコーチ関係に終止符を打ち、新たなコーチとしてジャーメン・ジェンキンス氏をチームへ招いています。ジェンキンスコーチを迎えて初戦となるこの大会で、どのような成績を残せるかにも注目が集まります。
 
シード選手が順当に勝ち上がると、大坂選手は以下の選手と対戦します。

  選手 世界
ランク
3回戦 D.コリンズ⇒●大坂勝利! 25位
4回戦 C.ウィズニアッキ⇒●敗退
B.ベンチッチ
13位
23位
準々決勝 K.プリスコバ 5位
準決勝 P.クビトバ⇒●敗退 3位
決勝 S.ハレプ 2位

※ 大坂選手は4回戦でベンチッチ選手に敗退、、
 

スポンサーリンク

1.大会概要

BNPパリバ・オープンの大会概要はこちらです。

大会名 BNPパリバ・オープン
場所 アメリカ(インディアンウェルズ)
コート ハード(室外)
開催期間 2019年3月6日~3月17日
出場選手数 96
グレード WTA Premier Mandatory
賞金総額 $8,359,455
日本との時差 -17時間
前回大会の優勝者 大坂なおみ

 

スポンサーリンク

2.賞金とポイント

BNPパリバ・オープンの賞金とポイントです。(賞金の単位はドル)

  賞金 ポイント
優勝 1,000 $1,354,010
準優勝 650 $686,000
準決勝 390 $354,000
準々決勝 215 $182,000
4回戦 120 $91,200
3回戦 65 $48,770
2回戦 35 $26,430
1回戦 10 $16,420

 

スポンサーリンク

3.テレビ放送予定

BNPパリバ・オープンのテレビ放送予定はこちらです。

テレビ局 放送時間 説明
WOWOW 3月7日~3月17日 メンバーズオンデマンドにてLIVE配信
DAZN 3月7日~3月18日 生放送の予定

 

スポンサーリンク

4.世界ランキング

トップシード選手および大坂選手の対戦相手の世界ランキング(3月4日時点)はこちらです。

世界
ランク
選手 ポイント
(3/4)
昨年結果 今回結果
1 大坂なおみ 日本 6,871 優勝 ●4回戦敗退
2 S.ハレプ ルーマニア 5,727 ベスト4 ●4回戦敗退
3 P.クビトバ チェコ 5,605 3回戦敗退 ●2回戦敗退
4 S.スティーブンス アメリカ 5,277 3回戦敗退 ●2回戦敗退
5 K.プリスコバ チェコ 5,145 ベスト8 ●ベスト8
6 E.スビトリナ ウクライナ 4,900 3回戦敗退 ●ベスト4
7 K.ベルテンス オランダ 4,885 2回戦敗退 ●4回戦敗退
8 A.ケルバー ドイツ 4,880 ベスト8 準優勝
9 A.サバレンカ ベラルーシ 3,565 3回戦敗退 ●4回戦敗退
10 S.ウィリアムズ アメリカ 3,406 3回戦敗退 ●3回戦敗退
13 C.ウォズニアッキ デンマーク 3,117 4回戦敗退 ●2回戦敗退
23 B.ベンチッチ スイス 2,065 2回戦敗退 ●ベスト4
25 D.コリンズ アメリカ 1,906 4回戦敗退 ●3回戦敗退
65 K.ムラデノビッチ フランス 864 3回戦敗退 ●2回戦敗退

 

スポンサーリンク

5.新コーチとの初陣(3月7日)

2回戦で対戦するムラデノビッチ選手は世界1位となって初めて臨んだ2月のドバイ選手権の初戦で敗れた相手。記者会見で大坂選手は「違った試合になると思うし、楽しんで戦いたい」と雪辱を誓いました。今大会に対しては「タイトルを守る経験は初めて。次の別のタイトルを目指す気持ちで戦いたい」とコメント。新コーチに就任したジャーメーン・ジェンキンス氏については「とてもいい人だし、打ち合いもやりやすい」と好印象を口にしました。
BNPパリバ大坂
 
スポンサーリンク

6.大坂選手の試合日程・結果

大坂選手の試合日程・結果はこちらです。

日時 試合 対戦相手 試合結果
3月10日 11:00~ 2回戦 大坂なおみ[1] vs K.ムラデノビッチ 2-0で勝利!
3月12日(火) 10:00~ 3回戦 大坂なおみ[1] vs D.コリンズ[25] 2-0で勝利!
3月13日(水) 10:00~ 4回戦 大坂なおみ[1] vs B.ベンチッチ[23] 0-2で敗退

 

スポンサーリンク

7.土居美咲、2回戦でプリスコバに金星ならず(3月9日)

女子シングルス2回戦で、土居美咲選手は第5シードのカロリーナ・プリスコバ選手(チェコ)に7-6(4) 1-6 1-6で逆転負けをしました。試合時間は1時間40分。第1セットを先取しましたが、金星とはなりませんでした。
BNPパリバ大坂
 
スポンサーリンク

8.【2回戦】大坂なおみ vs K.ムラデノビッチ(3月10日)

2回戦で大坂選手はムラデノビッチ選手と対戦。ムラデノビッチ選手とは、2月にドバイ選手権の初戦で対戦して敗れていました。この試合は、大坂選手が6-3、6-4のストレートで勝ち、ドバイ選手権の雪辱を果たしました。

選手 1 2 SET
大坂なおみ[1] 6 6 2
K.ムラデノビッチ 3 4 0

BNPパリバ大坂
 

 [第1セット] 6-3で奪う

先月対戦したドバイ選手権の時と、大坂選手のサービスの調子が全く違い、絶好調です。第1ゲームからしばらく互いにキープをし続けます。大坂選手の3-2で迎えた第6ゲーム、ムラデノビッチ選手が2度ダブルフォールトをし、大坂選手がブレークに成功。第1セットを6-3で先取しました。

選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 GAME
大坂なおみ[1] K K K B K K 6
K.ムラデノビッチ K K K 3

※K … キープ、B … ブレーク、T … タイブレーク
 

 [第2セット] 6-4で奪い、勝利!

第2セットは大坂選手が第3ゲームと第7ゲームでブレークに成功。大坂選手のサービング・フォー・ザ・マッチで迎えた第8ゲームでムラデノビッチ選手にこの試合初めてのブレークを許してしまいます。大坂選手の5-4で迎えた第10ゲーム、大坂選手のダブルフォールトがありましたが、このゲームを取り切りました。

選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 GAME
大坂なおみ[1] K B K K B K 6
K.ムラデノビッチ K K B K 4

※K … キープ、B … ブレーク、T … タイブレーク
 

スポンサーリンク

9.WTA公式サイトのコメント(3月10日)

WTA公式サイトは「前回覇者、オオサカがインディアンウェルズ初戦でムラデノビッチにリベンジ勝利」との見出しを打って「第1シードの大坂がタイトル保持へ向け、ムラデノビッチに気持ちのいいリベンジをを果たして白星発進した」と伝えました。

大坂選手は1月の全豪オープン優勝後、世界ランキング1位になって臨む初の大会となったドバイ選手権の初戦で、ムラデノビッチ選手にストレート負け。同大会終了後、ジャーメーン・ジェンキンス氏を新たにコーチとして迎え入れました。WTA公式サイトは「この日大坂は、全豪オープン優勝以来、待望の勝利を手にし、立派に立ち直れることを証明した」と復活を称えました。
 

スポンサーリンク

10.【3回戦】大坂なおみ vs D.コリンズ(3月12日)

大坂選手は3回戦で世界ランク25位のコリンズ選手と対戦し、6-4、6-2のストレートで勝ちしました。

選手 1 2 SET
大坂なおみ[1] 6 6 2
D.コリンズ[25] 4 2 0

 

 [第1セット] 6-4で奪う

第1セットは第3ゲームで大坂選手が先にブレークに成功しましたが、直後にブレークバックを許すなど一進一退の攻防。相手の緩急をつけたショットや粘りの前にミスを重ねていらつく場面もみられましたが、それでも第9ゲームで再びブレーク。直後の第10ゲームをキープして第1セットを大坂選手が奪いました。

選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 GAME
大坂なおみ[1] K B K K B K 6
D.コリンズ[25] K B K K 4

※K … キープ、B … ブレーク、T … タイブレーク
 

 [第2セット] 6-2で奪い、勝利!

第2セットに入り、大坂選手が第3ゲームをラブゲームでブレーク。第5ゲームも0-40から粘りのプレーで連続のブレーク。強烈なショットで雄たけびを上げるなど気合十分のプレーで最後まで押し切りました。終わってみれば大坂選手の完勝でした。

選手 1 2 3 4 5 6 7 8 GAME
大坂なおみ[1] K B K B K K 6
D.コリンズ[25] K K 2

※K … キープ、B … ブレーク、T … タイブレーク
 

スポンサーリンク

11.【4回戦】大坂なおみ vs B.ベンチッチ(3月13日)

大坂選手は4回戦で世界ランク23位のベンチッチ選手と対戦し、3-6、1-6で負けてしまいました。

選手 1 2 SET
大坂なおみ[1] 3 1 0
B.ベンチッチ[23] 6 6 2

BNPパリバ大坂
 

 [第1セット] 3-6で落とす

第1ゲームの大坂選手のサービスをいきなりベンチッチ選手がブレーク。第8ゲーム、大坂選手がバックのリターンエースを決めて15-40と初のブレークチャンス。ベンチッチ選手のダブルフォールトで大坂選手がブレーク。第9ゲームの大坂選手のサービスをベンチッチ選手がブレークし、第1セットを3-6で落としてしまいました。

選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 GAME
大坂なおみ[1] K K B 3
B.ベンチッチ[23] B K K B K B 6

※K … キープ、B … ブレーク、T … タイブレーク
 

 [第2セット] 1-6で落とし、敗退、、

第1ゲーム、第5ゲーム、第9ゲームの大坂選手のサービスをベンチッチ選手にブレークされ、第2セットを1-6で奪われました。

選手 1 2 3 4 5 6 7 GAME
大坂なおみ[1] K 1
B.ベンチッチ[23] K B K K B K 6

※K … キープ、B … ブレーク、T … タイブレーク