スポンサーリンク

【錦織圭】マイアミ・オープン2019、初戦で世界44位の選手に惜敗、、

ドバイ錦織04 錦織圭

2019年3月20日から開催されているマイアミ・オープン(アメリカ)に世界ランク7位(3月11日時点)の錦織圭選手が出場しました。錦織選手は第5シードで2回戦からの登場。初戦で世界44位のD.ラヨビッチ選手(セルビア)と対戦しましたが、セットカウント1-2で逆転負けを喫しました。
 
シード選手が順当に勝ち上がると、錦織選手は次の選手と対戦する予定でした。

試合 選手 世界
ランク
3回戦 N.キリオス 33位
4回戦 K.コリッチ 13位
準々決勝 D.ティエム 4位
準決勝 N.ジョコビッチ 1位
決勝 A.ズべレフ 3位

 

スポンサーリンク

1.大会概要

マイアミ・オープンの大会概要はこちらです。

大会名 マイアミオープン
場所 アメリカ(マイアミ)
コート ハード(室外)
開催期間 2019年3月20日~3月31日
グレード ATPマスターズ(1000)
出場選手数 96
賞金総額 $8,359,455
前回大会の優勝者 ロジャー・フェデラー
テレビ放送 【3月23日 深夜1:00~】GAORA/NHK BS1

  

スポンサーリンク

2.シード選手の世界ランキング

トップシード選手(第16シードまで)および錦織選手の対戦相手の世界ランキング(3月18日時点)はこちらです。

シード 選手 世界
ランク
ポイント
(3/18)
昨年結果 今回結果
1 N.ジョコビッチ セルビア 1位 10,990 2回戦敗退  
2 A.ズベレフ ドイツ 3位 6,630 準優勝  
3 D.ティエム オーストリア 4位 4,755  
4 R.フェデラー スイス 5位 4,600 2回戦敗退  
5 錦織圭 日本 6位 4,235 3回戦敗退 2回戦敗退
6 K.アンダーソン 南アフリカ 7位 4,115 ベスト8  
7 J.イスナー アメリカ 9位 3,485 優勝 3回戦進出
8 S.チチパス ギリシャ 10位 3,160 1回戦敗退  
9 M.チリッチ クロアチア 11位 3,095 4回戦敗退  
10 K.カチャノフ ロシア 12位 2,845 3回戦敗退  
11 B.コリッチ クロアチア 13位 2,345 ベスト8 3回戦進出
12 M.ラオニッチ カナダ 14位 2,275 ベスト8 3回戦進出
13 D.メドベージェフ ロシア 15位 2,230 2回戦敗退  
14 M.チェッキナート イタリア 16位 2,021  
15 F.フォニーニ イタリア 17位 1,885 3回戦敗退  
16 G.モンフィス フランス 18位 1,875  
27 N.キリオス オーストラリア 33位 1,215 4回戦敗退 3回戦進出
D.ラヨビッチ セルビア 44位 1,010 2回戦敗退 3回戦進出

 

スポンサーリンク

3.錦織選手の試合結果

初戦の相手は世界44位のD.ラヨビッチ選手。錦織選手はセットカウント1-2で逆転負けを喫し、2回戦敗退となりました。

選手 1 2 3 SET
D.ラヨビッチ 2 6 6 2
錦織圭[5] 6 2 3 1

 

 [第1セット] 6-2で奪う

立ち上がりから互いにサービスゲームのキープが続きます。第6ゲーム、ラヨビッチ選手のダブルフォルトから0-40とチャンスを得た錦織選手がこのゲームをラブゲームでブレーク。さらに5-3で迎えた第8ゲームでも錦織選手がブレークに成功。4ゲームを連取した錦織選手が第1セットを6-2で先取しました。

選手 1 2 3 4 5 6 7 8 GAME
D.ラヨビッチ K K 2
錦織圭[5] K K K B K B 6

※K … キープ、B … ブレーク、T … タイブレーク
 

 [第2セット] 2-6で落とす

互いにサービスキープ後の第3ゲームで、錦織選手は0-40とブレークのピンチを迎え、ラヨビッチ選手にブレークを許してしまいます。第5ゲーム、第7ゲームでもラヨビッチ選手にブレークを許し、ラヨビッチ選手が第2セットを6-2で獲得しました。

選手 1 2 3 4 5 6 7 8 GAME
D.ラヨビッチ K B K B B K 6
錦織圭[5] K B 2

※K … キープ、B … ブレーク、T … タイブレーク
 

 [第3セット] 3-6で落とし敗北

第2セットを獲得した勢いでラヨビッチ選手が有利に展開。第7ゲームでラヨビッチ選手がブレークのチャンス。ここで錦織選手が痛恨のダブルフォルトでブレークを許してしまいます。続く第8ゲームで錦織選手が意地を見せ2度のブレークポイントを握りますが、ラヨビッチ選手はこのゲームをキープ。あとのない錦織選手は第9ゲームでミスを連発。ラヨビッチ選手にブレークを許してしまいます。6-3でラヨビッチ選手が第3セットを奪い、錦織選手は逆転負けで2回戦敗退となりました。

選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 GAME
D.ラヨビッチ K K K B K B 6
錦織圭[5] K K K 3

※K … キープ、B … ブレーク、T … タイブレーク

錦織圭
スポンサーリンク
自由に気ままに