スポンサーリンク

紙幣一新、1万円札・5千円札・千円札を刷新!

新紙幣 その他

4月9日、麻生太郎財務相は2024年度上期をめどに1万円札と5千円札、千円札の紙幣を刷新すると発表しました。新しいお札の顔は1万円札が渋沢栄一、5千円札が津田梅子、千円札が北里柴三郎となり、明治維新以降の日本の実業や女子教育、医学研究を切り開いた人物が選ばれました。1万円札に選ばれた渋沢栄一について、麻生氏は「日本資本主義の父」と表現、「この方の功績は大きかった」と語りました。
 
紙幣を一新するのは2004年以来、約20年ぶりとなります。新元号発表と続いたことについては「たまたま重なった」と説明がありました。
 
人物の肖像が刷られる表面に対して、裏面も一新されます。1万円札は東京駅の丸の内駅舎、5千円札は藤の花、千円札は富嶽(ふがく)三十六景の「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」が採用されます。
 
また、500円硬貨についても素材などを変えた新硬貨が21年上期をめどに発行されることが発表されました。
新紙幣
 
財務省は、新紙幣・硬貨が発行された後も現行のお金は引き続き使えるとして、「現行の日本銀行券が使えなくなる」などとかたる詐欺に注意するよう呼びかけています。