スポンサーリンク

【藤井聡太】第32期竜王戦4組ランキング戦、勝ち残り状況・結果・勝負メシ

Fujii04 将棋

2018年度から2019年度にかけて開催されている『第32期竜王戦』で、藤井聡太七段は4組ランキング戦に登場しています。藤井聡太七段は過去2年で6組から4組まで2期連続で昇級しています。『第32期竜王戦』では、4組ランキング戦(32名の棋士でのトーナメント戦)で優勝し、広瀬章人竜王への挑戦権をかけた本戦トーナメントへの出場権の獲得を目指します。
 
5月31日、竜王戦・4組ランキング戦の決勝で菅井七段と対戦。千日手で指し直しがありましたが、94手で藤井七段が勝ち、竜王戦・決勝トーナメントに進出しました。
(最終更新日:2019年6月1日)
 

スポンサーリンク

1.第32期竜王戦4組ランキング戦の概要

第32期竜王戦4組ランキング戦の概要です。

棋戦名 第32期竜王戦4組ランキング戦
対局場所 関西将棋会館
持ち時間 各5時間
開始時間 午前10:00~
LIVE中継 AbemaTV、ニコニコ生放送

 

スポンサーリンク

2.対局日程・対局結果まとめ

第32期竜王戦4組ランキング戦の対局日程と対局結果をまとめました。

【藤井七段の対局予定・結果】
  対局日 対局相手 勝敗 コメント
4組ランキング戦 1回戦 2019年1月24日 村田智弘六段 126手で勝利
2回戦 2019年3月8日 畠山成幸八段 112手で勝利
3回戦 2019年3月27日 中田宏樹八段 110手で勝利
準決勝 2019年4月24日 髙見泰地叡王 127手で勝利
決勝 2019年5月31日 菅井竜也七段 94手で勝利
決勝トーナメント 2回戦
決勝トーナメント 3回戦

 

スポンサーリンク

3.竜王就位式の様子(1月15日)

第31期竜王就位式が1月15日に開催され、広瀬章人竜王に竜王推挙状と竜王杯が授与されました。また、藤井聡太七段ら各組優勝者も勢ぞろいし、それぞれ喜びを分かち合いました。
 
竜王戦
竜王戦
竜王戦
 
藤井七段は昨年の6組優勝に続いて2年連続での受賞でした。「昨年度と同じ所(決勝トーナメント2回戦)で敗れてしまったので、今年はぜひ、それ以上を目指して頑張っていきたいです」と上を見据えてコメントしました。
 
スポンサーリンク

4.竜王戦4組・決勝 ⇒○菅井七段に勝利

竜王戦の4組ランキング戦・決勝で藤井七段は菅井七段に94手で勝ちました。藤井七段は、3期連続で決勝トーナメント入りを果たしました。
藤井七段
藤井七段
【勝負メシ(昼食)】
藤井七段が昼食で選んだ勝負メシは、「福島やまがそば」のカレーうどん定食(830円)。
藤井七段
【勝負メシ(夕食)】
藤井七段が夕食で選んだ勝負メシは、関西将棋会館1階の洋食店「レストランイレブン」のバターライス(900円)。
藤井七段
 
スポンサーリンク

5.竜王戦4組・準決勝 ⇒○髙見叡王に勝利

藤井聡太七段は髙見泰地叡王に127手で勝利しました。対局は角換わりの最新型になり、駒を取り合う中盤で劣勢になった藤井七段が粘ってミスを誘い、終盤で逆転勝ちしました。対局後、藤井七段は「中盤で誤算があって苦しい将棋でした。決勝はいい将棋を指せるようにしたい」と話しました。
竜王戦
竜王戦
【勝負メシ(昼食)】
藤井七段が昼食で選んだ勝負メシは、ほそ島やの「カレー南蛮うどん」(850円)。
竜王戦
【勝負メシ(夕食)】
藤井七段が夕食で選んだ勝負メシは、紫金飯店の「玉子炒飯」(900円)。
竜王戦
 
スポンサーリンク

6.竜王戦4組・3回戦 ⇒○中田八段に勝利

藤井七段は中田宏樹八段と対局し、110手でみごとに勝利しました。
竜王戦
【勝負メシ(昼食)】
藤井七段が昼食で選んだ勝負メシは、2019年3月で閉店するそば店「みろく庵」の「肉豆腐定食」(900円)。
竜王戦
【勝負メシ(夕食)】
藤井七段が夕食で選んだ勝負メシは、そば店「みろく庵」の「玉子雑炊」(600円)。
竜王戦
 
スポンサーリンク

7.竜王戦4組・2回戦 ⇒○畠山八段に勝利

藤井七段は畠山成幸八段と対局し、112手でみごとに勝利しました。
竜王戦
【勝負メシ(昼食)】
藤井七段が昼食で選んだ勝負メシは、関西将棋会館1階の洋食店「レストランイレブン」のサービスランチ「珍豚美人(ちんとんしゃん)」(900円)。山形県産の豚の天ぷらに自家製のゴマだれがかかる、棋士の間では人気のランチメニュー。
竜王戦
【勝負メシ(夕食)】
藤井七段が夕食で選んだ勝負メシは、オーダー先は「CoCo壱番屋」JR福島駅前店で、メニューは豚しゃぶカレー(850円)でした。
竜王戦
 
スポンサーリンク

8.竜王戦4組・1回戦 ⇒○村田六段に勝利

>藤井七段は村田智弘六段に勝利しました。藤井七段は「少し序盤の早い段階で間違えてしまって、それ以降自信のない形を強いられてしまったですが、98角辺りから盛り返せたかなと思いました。」とコメント。村田六段は「97角上がった辺りでは、作戦勝ち、調子が良いと感じていたのですが、うまく対応されてしまって、誤算でした。」とコメントしました。
竜王戦
【勝負メシ(昼食)】
この日の藤井七段の勝負メシは創作料理店「内山田」の「和牛プレミアムハンバーグ弁当」(1000円)。和牛100%に自家製デミグラスソース。ハンバーグの厚みはたっぷりで、ぎっしりと和牛がつまっています。こちらも食べたくなる美味しそうなハンバーグです。
竜王戦
【勝負メシ(夕食)】
藤井七段が頼んだのは、会館1階の洋食「イレブン」のバターライス(マッシュルーム抜き、900円)。ただ、同店は休業日で、そのことを知らされずに頼んでしまった模様。カレーハウス「CoCo壱番屋JR福島駅前店」のハッシュドビーフ(732円)を頼み直しました。
竜王戦
 
スポンサーリンク

4.藤井七段の成績(5月31日時点)

【総合成績】
  対局数 勝率
2019年度 7戦 6勝 1敗 0.857
2018年度 53戦 45勝 8敗 0.849
2017年度 73戦 61勝 12敗 0.836
2016年度 10戦 10勝 0敗 1.000
通算成績 143戦 122勝 21敗 0.853
【勝率ランキング(2018年度)】
順位 棋士 勝率
1 藤井聡太七段 0.849(45勝8敗)
2 渡辺明棋王 0.800(40勝10敗)
3 永瀬拓矢七段 0.800(36勝9敗)
4 佐々木大地四段 0.780(46勝13敗)
5 及川拓馬六段 0.767(33勝10敗)
【勝数ランキング(2018年度)】
順位 棋士 勝数
1 佐々木大地四段 46勝
2 藤井聡太七段 45勝
3 広瀬章人竜王 43勝
4 渡辺明二冠 40勝
4 千田翔太七段 40勝
【棋士ランキング】
順位 棋士 レート
1 渡辺明二冠 1964
2 永瀬拓矢七段 1911
3 豊島将之二冠 1908
4 藤井聡太七段 1894
5 羽生善治九段 1873
6 広瀬章人竜王 1870
7 菅井竜也七段 1832
8 千田翔太七段 1812
9 佐藤天彦九段 1793
10 郷田真隆九段 1792

 

将棋
スポンサーリンク
自由に気ままに