スポンサーリンク

【バドミントン】アジア選手権2019、出場選手・日程・結果・テレビ放送予定

アジア選手権 バドミントン

2019年4月23日(火)から4月28日(日)までアジア選手権が中国で開催されます。昨年のアジア選手権では、
 ・男子シングルス:優勝(桃田賢斗選手)
 ・男子ダブルス :優勝(園田啓悟・嘉村健士ペア)
 ・女子ダブルス :優勝(福島由紀・廣田彩花ペア)、準優勝(高橋礼華・松友美佐紀ペア)
という成績でした。
 
■ 4月28日(日)
・女子シングルスの決勝戦で山口茜選手が第5シードの中国選手に2-0で勝ち、金メダル獲得!
・男子シングルスの決勝戦で桃田賢斗選手が第2シードの中国選手に2-1で勝ち、金メダル獲得!
・女子ダブルスの決勝戦で永原和可那・松本麻佑ペアが第4シードの中国ペアに敗れ、準優勝。
・男子ダブルスの決勝戦で遠藤大由・渡辺勇大ペアが第1シードのインドネシアペアに勝ち、金メダル獲得!
 
■ 4月27日(土)
混合ダブルス以外の4種目で決勝戦進出しました。
・女子シングルスの準決勝で山口茜選手が第1シードの中国選手に勝ち、決勝戦進出。
・男子シングルスの準決勝で桃田賢斗選手がベトナム選手に勝ち、決勝戦進出。
・女子ダブルスの準決勝で永原和可那・松本麻佑ペアが日本人対決を制し、決勝戦進出。
・男子ダブルスの準決勝で遠藤大由・渡辺勇大ペアが韓国ペアに勝ち、決勝戦進出。
 
■ 4月26日(金)
・女子シングルスの準々決勝では山口茜選手が勝利。奥原希望選手は中国選手に敗退。
・男子シングルスの準々決勝では桃田賢斗選手が勝利、準決勝に駒を進めました。
・この他、昨年のアジア選手権で優勝した園田・嘉村ペア、福島・廣田ペアも準決勝に進みました。
 

スポンサーリンク

1.大会概要

大会名 アジアバドミントン選手権大会
開催場所 中国・武漢市
開催期間 2019年4月23日(火)~4月28日(日)
グレード BWFワールドツアー・Super 500
日本との時差 日本が中国より1時間進んでいます。

 

・出場選手

<男子シングルス>
桃田 賢斗
西本 拳太
常山 幹太
坂井 一将
 
<男子ダブルス>
園田 啓悟/嘉村 健士ペア
遠藤 大由/渡辺 勇大ペア
井上 拓斗/金子 祐樹ペア
保木 卓朗/小林 優吾ペア
 
<女子シングルス>
山口 茜
奥原 希望
高橋沙也加
大堀 彩
 
<女子ダブルス>
福島 由紀/廣田 彩花ペア
高橋 礼華/松友美佐紀ペア
永原和可那/松本 麻佑ペア
米元 小春/田中 志穂ペア
 
<混合ダブルス>
渡辺 勇大/東野 有紗ペア
保木 卓朗/永原和可那ペア
金子 祐樹/松友美佐紀ペア
権藤公平/栗原文音ペア
 

・試合日程

日程 試合 種目
4月23日(火) 予選 全5種目
4月24日(水) 1回戦 全5種目
4月25日(木) 2回戦 全5種目
4月26日(金) 準々決勝 全5種目
4月27日(土) 準決勝 全5種目
4月28日(日) 決勝 全5種目

 

・テレビ放送予定

J SPORTS
未定
 
BSテレビ朝日
未定
 
CSテレビ朝日
未定
 
スポンサーリンク

2.男子シングルスの試合予定・結果

選 手 1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝 決 勝
桃田賢斗 [1] ○2-0 ○2-0 ○2-1 ○2-0 ○2-1
西本拳太 ○2-1 ○2-0 ●1-2
常山幹太 ●0-2
坂井一将 ●1-2

 

 桃田賢斗 ⇒【決勝】○2-1 ☆優勝☆

桃田賢斗選手は『SHI Yuqi』選手(中国)に2-1で勝利!みごと優勝しました。

選手 スコア 選手
桃田賢斗 [1] 2 12-21
21-18
21-8
1 SHI Yuqi [2]
(中国)
<決勝>
桃田賢斗 [1] 2 21-18
21-8
0 Tien Minh NGUYEN
(ベトナム)
<準決勝>
桃田賢斗 [1] 2 16-21
21-11
21-14
1 LU Guangzu
(中国)
<準々決勝>
桃田賢斗 [1] 2 21-10
21-11
0 LEE Cheuk Yiu
(香港)
<2回戦>
桃田賢斗 [1] 2 21-18
21-17
0 LEE Dong Keun
(韓国)
<1回戦>

 

 西本拳太 ⇒【準々決勝】●1-2

西本拳太選手は『CHOU Tien Chen』選手(台湾)に1-2で敗退。

選手 スコア 選手
西本拳太 1 20-22
26-24
15-21
2 CHOU Tien Chen [3]
(台湾)
<準々決勝>
西本拳太 2 21-16
21-13
0 WONG Wing Ki Vincent
(香港)
<2回戦>
西本拳太 2 18-21
21-19
21-10
1 Jonatan CHRISTIE [8]
(インドネシア)
<1回戦>

 

 常山幹太 ⇒【1回戦】●0-2

常山幹太選手は『CHEN Long』選手(中国)に0-2で敗退。

選手 スコア 選手
常山幹太 0 19-21
13-21
2 CHEN Long [4]
(中国)
<1回戦>

 

 坂井一将 ⇒【1回戦】●1-2

坂井一将選手は『Sameer VERMA』選手(インド)に1-2で敗退。

選手 スコア 選手
坂井一将 1 13-21
21-17
18-21
2 Sameer VERMA
(インド)
<1回戦>

 

スポンサーリンク

3.女子シングルスの試合予定・結果

選 手 1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝 決 勝
山口茜 [3] ○2-0 ○2-1 ○2-1 ○2-1 ○2-0
奥原希望 [2] ○2-0 ○2-1 ●0-2
高橋沙也加 ●0-2
大堀彩 ○2-0 ○2-1 ●0-2

 

 山口 茜 ⇒【決勝】○2-0 ☆優勝☆

山口茜選手の対戦相手は『HE Bingjiao』選手(中国)に2-0で勝利!みごと優勝しました。

選手 スコア 選手
山口茜 [3] 2 21-19
21-9
0 HE Bingjiao [5]
(中国)
<決勝>
山口茜 [3] 2 15-21
21-16
21-17
1 CHEN Yufei [1]
(中国)
<準決勝>
山口茜 [3] 2 21-13
21-23
21-16
1 Saina NEHWAL [7]
(インド)
<準々決勝>
山口茜 [3] 2 21-18
8-21
21-17
1 YEO Jia Min
(シンガポール)
<2回戦>
山口茜 [3] 2 21-7
21-19
0 Kavidi SIRIMANNAGE
(スリランカ)
<1回戦>

 

 奥原希望 ⇒【準々決勝】●0-2

奥原希望選手は『HE Bingjiao』選手(中国)に0-2で敗退。

選手 スコア 選手
奥原希望 [2] 0 16-21
21-23
2 HE Bingjiao [5]
(中国)
<準々決勝>
奥原希望 [2] 2 17-21
21-12
21-15
1 Soniia CHEAH
(マレーシア)
<2回戦>
奥原希望 [2] 2 21-12
21-17
0 KIM Hyo Min
(韓国)
<1回戦>

 

 大堀 彩 ⇒【準々決勝】●0-2

大堀彩選手は『CHEN Yufei』選手(中国)に0-2で敗退。

選手 スコア 選手
大堀彩 0 17-21
19-21
2 CHEN Yufei [1]
(中国)
<準々決勝>
大堀彩 2 19-21
21-11
21-16
1 CHEUNG Ngan Yi
(香港)
<2回戦>
大堀彩 2 21-7
21-12
0 Ratchanok INTANON [6]
(タイ)
<1回戦>

 

 高橋沙也加⇒【1回戦】●0-2

高橋沙也加選手は『PUSARLA V. Sindhu』選手(インド)に0-2で敗退。

選手 スコア 選手
高橋沙也加 0 14-21
7-21
2 PUSARLA V. Sindhu [4]
(インド)
<1回戦>

 

スポンサーリンク

4.男子ダブルスの試合予定・結果

選 手 1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝 決 勝
園田啓悟 [3]
嘉村健士
○2-0 ○2-0 ○2-1 ●1-2
遠藤大由 [5]
渡辺勇大
○2-0 ○2-0 ○2-0 ○2-1 ○2-0
井上拓斗
金子祐樹
●棄
保木卓朗
小林優吾
●0-2

 

 遠藤大由/渡辺勇大 ⇒【決勝】○2-0 ☆優勝☆

遠藤大由/渡辺勇大ペアは第1シードの『Marcus Fernaldi GIDEON/Kevin Sanjaya SUKAMULJO』ペア(インドネシア)に2-0で勝利!みごと金メダルを獲得しました。

選手 スコア 選手
遠藤大由 [5]
渡辺勇大
2 21-18
21-3
0 Marcus Fernaldi GIDEON [1]
Kevin Sanjaya SUKAMULJO
(インドネシア)
<決勝>
遠藤大由 [5]
渡辺勇大
2 21-17
20-22
27-25
1 Min Hyuk KANG
KIM Won Ho
(韓国)
<準決勝>
遠藤大由 [5]
渡辺勇大
2 21-19
21-18
0 LI Junhui [2]
LIU Yuchen
(中国)
<準々決勝>
遠藤大由 [5]
渡辺勇大
2 21-11
21-6
0 Wahyu Nayaka ARYA PANGKARYANIRA
Ade Yusuf SANTOSO
(インドネシア)
<2回戦>
遠藤大由 [5]
渡辺勇大
2 21-12
21-15
0 Tinn ISRIYANET
Kittisak NAMDASH
(タイ)
<1回戦>

 

 園田啓悟/嘉村健士 ⇒【準決勝】●1-2

園田啓悟/嘉村健士ペアは『Marcus Fernaldi GIDEON/Kevin Sanjaya SUKAMULJO』ペア(インドネシア)に1-2で敗退

選手 スコア 選手
園田啓悟 [3]
嘉村健士
1 12-21
21-18
19-21
2 Marcus Fernaldi GIDEON [1]
Kevin Sanjaya SUKAMULJO
(インドネシア)
<準決勝>
園田啓悟 [3]
嘉村健士
2 21-12
18-21
21-19
1 HE Jiting
TAN Qiang
(中国)
<準々決勝>
園田啓悟 [3]
嘉村健士
2 21-16
21-18
0 Mohamad Arif Ab Latif ARIF
Nur Mohd Azriyn Ayub AZRIYN
(マレーシア)
<2回戦>
園田啓悟 [3]
嘉村健士
2 21-12
21-17
0 CHUNG Yonny
TAM Chun Hei
(香港)
<1回戦>

 

 保木卓朗/小林優吾 ⇒【1回戦】●棄権

保木卓朗/小林優吾ペアは『CHANG Tak Ching/YEUNG Ming Nok』ペア(香港)に敗退。

選手 スコア 選手
保木卓朗
小林優吾
13-20   CHANG Tak Ching
YEUNG Ming Nok
(香港)
<1回戦>

 

 井上拓斗/金子祐樹 ⇒【1回戦】●0-2

井上拓斗/金子祐樹ペアは『LIU Cheng/ZHANG Nan』ペア(中国)に0-2で敗退。

選手 スコア 選手
井上拓斗
金子祐樹
0 16-21
14-21
2 LIU Cheng [8]
ZHANG Nan
(中国)
<1回戦>

 

スポンサーリンク

5.女子ダブルスの試合予定・結果

選 手 1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝 決 勝
福島由紀 [1]
廣田彩花
免除 ○2-0 ○棄権 ●0-2
高橋礼華 [2]
松友美佐紀
●0-2
永原和可那 [3]
松本麻佑
○2-0 ○2-0 ○2-0 ○2-0  
米元 小春
田中 志穂
●棄権

 

 永原和可那/松本麻佑⇒【決勝】●1-2 ☆準優勝☆

永原和可那/松本麻佑ペアは『CHEN Qingchen/JIA Yifan』ペア(中国)に1-2で敗れ、準優勝。

選手 スコア 選手
永原和可那 [3]
松本麻佑
1 21-19
14-21
19-21
2 CHEN Qingchen [4]
JIA Yifan
(中国)
<決勝>
永原和可那 [3]
松本麻佑
2 21-16
26-24
0 福島由紀 [1]
廣田彩花
<準決勝>
永原和可那 [3]
松本麻佑
2 22-20
21-19
0 LI Wenmei
ZHENG Yu
(中国)
<準々決勝>
永原和可那 [3]
松本麻佑
2 21-7
21-11
0 Yujia JIN
Ming Hui LIM
(シンガポール)
<2回戦>
永原和可那 [3]
松本麻佑
2 21-2
21-6
0 Gulassar BOKIEVA
Sevinch SODIKOVA
(ウズベキスタン)
<1回戦>

 

 福島由紀/廣田彩花 ⇒【準決勝】●0-2

福島由紀/廣田彩花ペアは永原和可那/松本麻佑ペアに0-2で敗退。

選手 スコア 選手
福島由紀 [1]
廣田彩花
0 16-21
24-26
2 永原和可那 [3]
松本麻佑
<準決勝>
福島由紀 [1]
廣田彩花
  3-2 Jongkolphan KITITHARAKUL
Rawinda PRAJONGJAI
(タイ)
<準々決勝>
福島由紀 [1]
廣田彩花
2 21-16
21-11
0 DU Yue
LI Yinhui
(中国)
<2回戦>
福島由紀 [1]
廣田彩花
        BYE
<1回戦>

 

 高橋礼華/松友美佐紀⇒【1回戦】●0-2

高橋礼華/松友美佐紀ペアは『DONG Wenjing/FENG Xueying』ペア(中国)に0-2で敗退。

選手 スコア 選手
高橋礼華 [2]
松友美佐紀
0 18-21
19-21
2 DONG Wenjing
FENG Xueying
(中国)
<1回戦>

 

 米元小春/田中志穂 ⇒【1回戦】棄権

選手 スコア 選手
米元小春
田中志穂
      Vivian HOO
YAP Cheng Wen
(マレーシア)
<1回戦>

 

スポンサーリンク

6.混合ダブルスの試合予定・結果

選 手 1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝 決 勝
渡辺勇大[3]
東野有紗
○2-0 ○2-1 ●棄権
保木卓朗
永原和可那
○2-1 ●1-2
金子祐樹
松友美佐紀
○2-0 ○2-0 ●0-2
権藤公平
栗原文音
○2-0 ●0-2

 

 金子祐樹/松友美佐紀⇒【準々決勝】●0-2

金子祐樹/松友美佐紀ペアは『ZHENG Siwei/HUANG Yaqiong』ペア(中国)に0-2で敗退。

選手 スコア 選手
金子祐樹
松友美佐紀
0 20-22
10-21
2 ZHENG Siwei [1]
HUANG Yaqiong
(中国)
<準々決勝>
金子祐樹
松友美佐紀
2 21-18
21-14
0 Praveen JORDAN
Melati Daeva OKTAVIANTI
(インドネシア)
<2回戦>
金子祐樹
松友美佐紀
2 21-19
21-17
0 TANG Chun Man [7]
TSE Ying Suet
(香港)
<1回戦>

 

 渡辺勇大/東野有紗 ⇒【準々決勝】●棄権

渡辺勇大/東野有紗ペアは『HE Jiting/DU Yue』ペア(中国)に敗退。

選手 スコア 選手
渡辺勇大 [3]
東野有紗
13-21
0-1
  HE Jiting
DU Yue
(中国)
<準々決勝>
渡辺勇大 [3]
東野有紗
2 21-15
17-21
21-17
1 Rinov RIVALDY
Pitha Haningtyas MENTARI
(インドネシア)
<2回戦>
渡辺勇大 [3]
東野有紗
2 21-19
22-20
0 Nipitphon PHUANGPHUAPET
Savitree AMITRAPAI
(タイ)
<1回戦>

 

 保木卓朗/永原和可那⇒【2回戦】●1-2

保木卓朗/永原和可那ペアは『Dechapol PUAVARANUKROH/Sapsiree TAERATTANACHAI』ペア(タイ)に1-2で敗退。

選手 スコア 選手
保木卓朗
永原和可那
1 24-22
16-21
17-21
2 Dechapol PUAVARANUKROH [4]
Sapsiree TAERATTANACHAI
(タイ)
<2回戦>
保木卓朗
永原和可那
2 21-19
13-21
21-18
1 CHANG Tak Ching
NG Wing Yung
(香港)
<1回戦>

 

 権藤公平/栗原文音 ⇒【2回戦】●0-2

権藤公平/栗原文音ペアは『YEUNG Ming Nok/NG Tsz Yau』ペア(香港)に0-2で敗退。

選手 スコア 選手
権藤公平
栗原文音
0 22-20
21-17
2 YEUNG Ming Nok
NG Tsz Yau
(香港)
<2回戦>
権藤公平
栗原文音
2 21-15
21-18
0 SEO Seung Jae [6]
CHAE Yujung
(韓国)
<1回戦>

 

スポンサーリンク

7.バドミントンの主な国際大会

バドミントンの主な国際大会の日程はこちらです。

日程 大会名 グレード
2019年03月06日~03月10日 全英オープン SUPER1000
2019年03月12日~03月17日 スイスオープン SUPER300
2019年03月19日~03月24日 アジア混合団体選手権 団体
2019年04月02日~04月07日 マレーシアオープン SUPER750
2019年04月09日~04月14日 シンガポールオープン SUPER750
2019年04月23日~04月28日 アジア選手権 アジア
2019年04月30日~05月05日 ニュージーランドオープン SUPER300

 

バドミントン
スポンサーリンク
自由に気ままに