スポンサーリンク

【錦織圭】BNPパリバ・オープン2019(試合予定・結果・テレビ放送)

BNP錦織01 錦織圭

2019年3月6日から開催されているBNPパリバ・オープン(アメリカ)に世界ランク7位(3月4日時点)の錦織圭選手が出場しました。昨年は怪我のため不参加だったこの大会。ランキングポイントを獲得して世界ランクを上げるチャンスです。昨年優勝者の世界ランク5位のデルポトロ選手が欠場のため、この大会終了後、デルポトロ選手を追い越すことが決まっています。今大会で良い成績を残し、世界ランク5位・4位になれるかどうか注目です。
 
3月5日にドローが発表され、錦織選手はフェデラー選手の山に入りました。錦織選手が順当に勝ち進むと、次の選手と対戦します。

  選手 世界
ランク
3回戦 L.プイユ[28]⇒●敗退
H.フルカチ
30位
67位
4回戦 M.チリッチ[10] 11位
準々決勝 R.フェデラー[4] 4位
準決勝 R.ナダル[2] 2位
決勝 N.ジョコビッチ[1] 1位

※ 錦織選手は3回戦でフルカチ選手に敗れてしまいました。
 

スポンサーリンク

1.大会概要

BNPパリバ・オープンの大会概要はこちらです。

大会名 BNPパリバ・オープン
場所 アメリカ(インディアンウェルズ)
コート ハード(室外)
開催期間 2019年3月6日~3月17日
出場選手数 96
グレード ATPマスターズ(1000)
賞金総額 $8,359,455
日本との時差 -17時間
前回大会の優勝者 フアン・マルティン・デルポトロ

 

スポンサーリンク

2.賞金とポイント

BNPパリバ・オープンの賞金とポイントです。(賞金の単位はドル)

  賞金 ポイント
優勝 1,000 $1,354,010
準優勝 600 $686,000
準決勝 360 $354,000
準々決勝 180 $182,000
4回戦 90 $91,200
3回戦 45 $48,770
2回戦 25 $26,430
1回戦 10 $16,420

 

スポンサーリンク

3.テレビ放送予定

BNPパリバ・オープンのテレビ放送予定はこちらです。

テレビ局 放送時間 コメント
GAORA 3月7日~3月17日 生放送
NHK BS1 3月10日~3月18日 3月11日 3:00~ 2回戦(生放送)
3月13日 3:00~ 3回戦(生放送)
WOWOW 3月7日~3月17日 メンバーズオンデマンドにてLIVE配信

 

スポンサーリンク

4.出場選手の世界ランキング

トップシード選手および錦織選手の対戦相手の世界ランキング(3月4日時点)はこちらです。

シード 選手 世界
ランク
ポイント
(3/4)
昨年結果 今回結果
1 N.ジョコビッチ セルビア 1位 10,955 2回戦敗退 ●3回戦敗退
2 R.ナダル スペイン 2位 8,365 ●ベスト4
3 A.ズベレフ ドイツ 3位 6,595 2回戦敗退 ●3回戦敗退
4 R.フェデラー スイス 4位 4,600 準優勝 準優勝
5 K.アンダーソン 南アフリカ 6位 4,295 ベスト8 ●欠場
6 錦織圭 日本 7位 4,190 ●3回戦敗退
7 D.ティエム オーストリア 8位 3,800 3回戦敗退 優勝
8 J.イスナー アメリカ 9位 3,405 2回戦敗退 ●4回戦敗退
9 S.チチパス ギリシャ 10位 3,175 2回戦敗退 ●2回戦敗退
10 M.チリッチ クロアチア 11位 3,095 3回戦敗退 ●3回戦敗退
28 L.プイユ フランス 30位 1,265 2回戦敗退 ●2回戦敗退
A.マナリノ フランス 52位 920 3回戦敗退 ●2回戦敗退
H.フルカチ ポーランド 67位 798 ●ベスト8

 

スポンサーリンク

5.練習拠点のIMGアカデミーで調整(3月3日)

BNPパリバ・オープンへ向けて、練習拠点のIMGアカデミーで練習する様子を動画付きでインスタグラムで公開しました。3月3日に公開した動画では白のシャツに黒のパンツ、頭にはヘアバンドをつけ、鋭い視線でコートに立ち、フォアハンドからバックハンドへ、細かいフットワークをつけながら軽快に打ち返していました。シーズン開幕から2ヶ月経ち、疲れが出る時期ではありますが、順調に調整が進んでいるようでした。
BNPパリバ
 
スポンサーリンク

6.第6シードで2回戦から登場(3月5日)

BNPパリバ・オープンの男子シングルスの組み合わせが5日発表され、錦織選手は第6シードで2回戦から登場します。(ドロー表はこちら
BNPパリバ
 
スポンサーリンク

7.錦織選手の試合日程・結果

錦織選手の試合日程・結果はこちらです。

日時 試合 対戦相手 試合結果
3月11日(月) 3:00~ 2回戦 錦織圭[6] vs A.マナリノ 2-1で勝利!
3月13日(水) 3:00~ 3回戦 錦織圭[6] vs H.フルカチ 1-2で敗退

 

スポンサーリンク

8.【2回戦】錦織圭 vs A.マナリノ(3月11日)

錦織選手は2回戦で世界ランク52位のアドリアン・マナリノ選手(フランス)と対戦し、セットカウント2-1で勝ちました。

選手 1 2 3 SET
錦織圭[6] 6 4 7(7) 2
A.マナリノ 4 6 6(4) 1

BNPパリバ
 

 [第1セット] 6-4で奪う

立ち上がりは第3ゲームまで互いにサービスゲームをキープ。第4ゲームで錦織選手は15-0から4連続のポイントでこのゲームをブレーク。第5ゲームでは15-40とマナリノ選手にブレークのチャンス。錦織選手が粘りを見せてデュースとするも、最後は錦織選手のダブルフォルトでマナリノ選手がブレークバック。錦織選手の5-4で迎えた第10ゲーム。2度のセットポイントをマナリノ選手に凌がれるも、3度目のセットポイントをものにした錦織選手が6-4で第1セットを先取しました。

選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 GAME
錦織圭[6] K K B K K B 6
A.マナリノ K B K K 4

※K … キープ、B … ブレーク、T … タイブレーク
 

 [第2セット] 4-6で落とす

互いにサービスゲームをキープし合う展開。第9ゲームでこのセット初のブレークポイントを得たマナリノ選手がこのチャンスをものにしてリードを奪います。続く第10ゲームで錦織選手がデュースに持ち込む粘りを見せましたが、最後はマナリノ選手がキープ。ゲームカウント6-4でマナリノ選手が第2セットを獲得しました。

選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 GAME
錦織圭[6] K K K K 4
A.マナリノ K K K K B K 6

※K … キープ、B … ブレーク、T … タイブレーク
 

 [第3セット] 7-6で奪い、勝利!

第2ゲームでは錦織選手のブレークポイントをマナリノ選手が4連続ポイントで凌ぎます。第3ゲームではマナリノ選手がブレークポイントを決めてブレークに成功。しかし続く第4ゲーム、マナリノ選手のダブルフォールトがあり、錦織選手がラブゲームでブレークバックに成功。第11ゲームでマナリノ選手が再度ブレークに成功しますが、第12ゲームで錦織選手が意地のブレークバックに成功。タイブレークでは、2-2から怒涛の4連続ポイントでマッチポイントを得た錦織選手がタイブレークを7-4で制し、勝利を決めました。

選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 GAME
錦織圭[6] K B K K K B T 7(7)
A.マナリノ K B K K K B 6(4)

※K … キープ、B … ブレーク、T … タイブレーク
 

スポンサーリンク

9.【3回戦】錦織圭 vs H.フルカチ(3月13日)

錦織選手は3回戦で世界ランク67位のフルカチ選手(ポーランド)と対戦します。

選手 1 2 3 SET
錦織圭[6] 6 4 3 1
H.フルカチ 4 6 6 2

BNPパリバ
 

 [第1セット] 6-4で奪う

互いにキープして迎えた第3ゲームで錦織選手がブレークに成功すると、続く第4ゲームをキープしてリードを手にする。第5ゲーム後、フルカチはメディカルタイムアウトを取って、左手首にテーピングを施す姿もありました。5-4で迎えた第10ゲームが錦織選手のサービング・フォー・ザ・セット。錦織は2本目のセットポイントで強烈なフォアをダウン・ザ・ラインに決めてキープ。第1セットをゲームカウント6-4で先取しました。

選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 GAME
錦織圭[6] K B K K K K 6
H.フルカチ K K K K 4

※K … キープ、B … ブレーク、T … タイブレーク
 

 [第2セット] 4-6で落とす

互いにキープし合う展開が続きますが、第9ゲームでついに錦織選手が15-40と2本のブレークチャンスを握ります。しかしここをフルカチ選手が粘りゲームキープ。第10ゲーム、錦織選手はダブルフォルトもあってフルカチにブレークポイントを与えてしまいます。粘る錦織選手は2度のデュースに持ち込みましたが、フルカチ選手が競り勝ってブレーク。錦織選手は第2セットを4-6で落としてしまいました。

選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 GAME
錦織圭[6] K K K K 4
H.フルカチ K K K K K B 6

※K … キープ、B … ブレーク、T … タイブレーク
 

 [第3セット] 3-6で落とし敗退

第1ゲームで錦織選手がフルカチ選手のサービスをブレークしますが、その後の第2ゲームでブレークバックを許します。第6ゲームの錦織選手のサービスでフルカチ選手に再びブレークを許してしまいます。錦織選手の3-5で迎えた第9ゲーム、フルカチ選手がサービスをキープし、錦織選手は敗れてしまいました。

選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 GAME
錦織圭[6] B K K 3
H.フルカチ B K K B K K 6

※K … キープ、B … ブレーク、T … タイブレーク